最も美しく、そしてピュアなアルファ・ロメオのスーパースポーツ「アルファ・ロメオ・ティーポ33/2ストラダーレ」【世界の傑作車スケルトン図解】#15-1

今なお伝説として語られる、ティーポ33/2ストラダーレ

第二次大戦前には、現在のフェラーリにも相当するレーシングカー&高級スポーツカー専業メーカーとして世界中のモータリストの羨望の的であったアルファ・ロメオ。戦後は量産車を中心としたメーカーに転身を遂げることになったが、1967年に、突如素晴らしいスーパースポーツを世に送り出すことになる。それが今なお伝説として語られる、ティーポ33/2ストラダーレだ。

アルファ・ロメオ・ティーポ33/2ストラダーレ

1:斜め上の前方に開くシザーズタイプのドア
2:SPICA製の機械式燃料噴射装置
3:90度V8で1995ccから230ps/8800rpmを生むエンジン
4:6速MTトランスミッション
5:アッパーIアーム/ロワー逆Aアーム/ダブルトレーリングリンクという1960年代レーシングカーの標準形でまとめられたリアサスペンション。リアブレーキはインボードタイプ
6:マグネシウム製後部サブフレーム
7:頑丈な骨組みとした太いアルミ製シャシー(この中に燃料タンクが入っていた)
8:アルミダイキャストのアームで構成される、ダブルウイッシュボーン式フロントサスペンション
9:ボディパネルはすべてアルミニウム。デザインしたのはフランコ・スカリオーネ
10:キサゲ仕上げの計器盤パネル

ALFA ROMEO TIPO 33/2 STRADALE

■生産年:1967~1968年
■生産台数:18台
■国籍:イタリア

Specification/ALFA ROMEO TIPO 33/2 STRADALE
■全長×全幅×全高=3970×1710×990mm
■ホイールベース=2350mm
■車両重量=700kg
■エンジン種類=水冷V型8気筒SOHC
■総排気量=1995cc
■最高出力=230ps(169kW)/8800rpm
■最大トルク=-
■トランスミッショッン形式=6速MT
■サスペンション形式=前 Wウィッシュボーン、後 4リンク式
■ブレーキ=前 ディスク、後 ディスク
■タイヤサイズ=-

テクニカルイラスト:大内 誠

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧