【スクープ】ライバルは「マツダCX-30」! スバルが新しいクーペ風クロスオーバーを開発中?

2019/08/26 11:25

搭載するパワーユニットは2L自然吸気+電気モーターの「eボクサー」に

スバルが「XV」や「フォレスター」、「レガシィ・アウトバック」に続く新型クロスオーバーSUVをリリースする可能性が高いことが判明した。ベースとなるのは、2019年3月のジュネーブ・ショーで初公開したクーペSUVの「ヴィジブ・アドレナリン・コンセプト」だ。

ヴィジブ・アドレナリン・コンセプト

このコンセプトカーは、スバルのデザインフィロソフィの「Dynamic×Solid」を進化させた「BOLDER」を取り入れた初のモデル。そのサイズは全長4490mm、全幅1900mm、全高1620mmとアウトバックより短くXVよりわずかに長いというディメンションだが、市販型でもほぼ同じサイズになるという。

ヴィジブ・アドレナリン・コンセプト

今回は、現在までに得ている情報をもとに新型クーペSUVの予想CGを制作してみた。最大の特徴であるグラスエリアは、アドレナリン・コンセプトから継承。前後フェンダーの立体的な造形もそのままに、市販モデルとして現実的な樹脂製フェンダーを組み合わせ、アグレッシブかつスポーティなSUVスタイルに仕上げている。また、フロントマスクは両サイドに立体的なデザインのコーナーエアインテークと現行スバル車の造形を発展させたヘッドライトを組み合わせ、都会的なイメージを演出している。

ヴィジブ・アドレナリン・コンセプト

そのパワーユニットは、スバル独自の水平対向2L直噴自然吸気+電気モーターのマイルドハイブリッド(eボクサー)を搭載する可能性が高い。コンセプトカーとして発表された当初は次期XVと噂されていたが、このモデルは前述のようにブランニューとして登場することが濃厚。そのワールドプレミアは最速で2020年内。ライバルは年内にも正式発売される「マツダCX-30」となるだろう。

ヴィジブ・アドレナリン・コンセプト

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧