「プジョー308/308SW」にフランス生まれらしい特別仕様車がラインアップ

H.Tanaka
AUTHOR
2019/08/22 13:01

専用インテリアに加え運転支援システムも充実

プジョー・シトロエン・ジャポンは、Cセグメントハッチバックの「プジョー308」とワゴンモデルの「プジョー308SW」に特別仕様車「テックパックエディション」を設定。8月20日に発売を開始した。消費税込みの車両本体価格は、308テックパックエディションが2,939,000円でディーゼルターボの308テックパックエディションBlueHDiは3,149,000円。308SWテックパックエディション は3,187,000円、308SWテックパックエディションBlueHDiが3,397,000円となる。

308は、いわずと知れたプジョーの中核モデル。フランス車らしい優れた乗り心地とハンドリング、実用性、8速ATと新開発エンジンによる高燃費などが高く評価されている。

今回の特別仕様車は、1.2Lガソリンと1.5Lディーゼルの「アリュール」グレードがベース。装備はアクティブブラインドスポットモニター、パークアシストの運転支援機能を追加。さらに専用ハーフアルカンタラシート(ブルーアクセント)やインテリア各部のブルー&オレンジステッチ、アルミペダルといったドレスアップ系の装備を加えることで、実用性とスタイリングの両輪においてさらに308をグレードアップさせたモデルに仕上げられた。

また、これらの充実した装備類を追加する一方、価格はアリュールから10万円アップにとどめられ、コンペティティブな輸入車Cセグメントではお得な設定となっている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧