いまや霊柩車もミニバンの時代!? 光岡自動車がトヨタ アルファード/ヴェルファイアベースの「プレミアムフュージョン」を発売

相澤隆之
AUTHOR

顧客の趣向や地域に合わせたカスタマイズも可能

光岡自動車は、搬送霊柩車の「フュージョン」シリーズに、新たに「プレミアムフュージョン」を追加設定し、8 月20 日(火)より発売すると発表した。
搬送霊柩車の「フュージョン」シリーズは、少子高齢化社会により家族葬などといった多様化する葬儀形態の増加や、葬祭業界の常態的な人材不足を補うため、業務の汎用性と効率化を求める顧客のニーズに応えるために開発された搬送車と霊柩車の役割を一台で担う、一台二役の多機能車。

そのシリーズの頂点となる今回の「プレミアムフュージョン」は、棺室内に業務に使用する道具や装備などを収納するラックがオプションで装着することができ、収納スペースのカスタマイズが可能な設計となっている。 同時に新設計の室内装飾は立体的に作られた構造体としての美しさがあり、キルティングステッチのレザーと艶を抑えた上品な木目調パネルが装飾され、上質で高級感漂うデザインが魅力。 また、このレザーと木目調パネルの色や種類を選択可能にすることで、全く異なる棺室内の雰囲気を作り上げることができ、顧客の趣向や地域に合わせたカスタム性も大きな特長となっている。

外観は、クォーターピラーに「KIZASHI」(キザシ)と名付けられたランドボーを標準装備し、近未来的な意匠が施されている。 また、「KIZASHI」からリアゲートガラスを左右に覆うような造形により、リアビューをより先鋭なスタイルへ昇華。この特長的な造形によって、より印象深く付加価値の高いお見送りのシーンを演出できるという。機能性、デザイン性、カスタム性、どれを取っても満足できる「オール・インワン」の新型搬送霊柩車に仕上がっている。

なお、この「プレミアムフュージョン」は、8 月20 日(火)から22 日(木)までの3日間、東京ビッグサイト(東京都・江東区)で開催される「エンディング産業展2019(ENDEX)」にて初披露されるという。

搬送霊柩車 アルファード/ヴェルファイア 『プレミアムフュージョン』 車両概要
【外観】 フュージョン専用「KIZASHI」(キザシ)パネル/フュージョン専用リアパネル/専用ストライプ
【棺室】 プレミアムフュージョン専用装飾棺室インテリア/ストレッチャー兼用棺台(2,100mm×620mm)
【車両寸法】 4,945mm×1,850mm×1,935mm (全長×全幅×全高)
【排気量】 2.5L
【駆動方式】 2WD / FF および 4WD
【乗車定員】 3 名
【発売日】 令和元年8 月20 日(火)
【車両本体価格】5,378,400 円~(2WD)、5,637,600 円~(4WD)※いずれも消費税8%込

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧