「ジャガーEタイプ」はかっこ良くて、速くて、買い得な魅惑のカプセル【世界の傑作車スケルトン図解】#08-1

ずば抜けた商才から生まれた魅惑のカプセル

古い階級意識に固まったイギリスから飛び出し、勝ち戦の好景気に沸くアメリカにロックオン。レースで培った名声を公道に翻訳し、偉ぶった名車より大幅に安く売った英断が、しがらみなど関係ないアメリカ人の心を直撃した。

ジャガーEタイプ

1:固定長のハーフシャフトにアッパーウィッシュボーンも兼ねさせるリアサスペンション
2:デフの両側すなわちバネ上にマウントされたリアブレーキ
3:リアサスペンション用のコイル/ダンパーユニットは、片輪それぞれ2セットずつ
4:クルマの後半部を形成するモノコックボディ
5:モス製の4速MT(シリーズ1の後期からフルシンクロに変更)
6:ダブルウイッシュボーン式フロントサスペンションを支えるトーションバー
7:パワープラントとフロントサスペンションを支える鋼管スペースフレーム
8:フロントフェンダーごと大きく前方に開ききるボンネット
9:直列6 気筒DOHCエンジン(美しいアルミ地肌のカムカバーはシリーズ1の前期のみ
10:2気筒ごとに1基ずつ備えられたSU・HDキャブレター

JAGUAR E-TYPE

■生産年:1961~1975年
■生産台数:約72500台
■国籍:イギリス

Specification/JAGUAR E-TYPE(series1 4.2L 1964~1967)
■全長×全幅×全高=4450×1660×1220mm
■ホイールベース=2440mm
■車両重量=1150kg(Roadster)/1180kg(Coupe)
■エンジン種類=水冷直列6気筒DOHC
■総排気量=4234cc
■最高出力=269ps(198kW)/5400rpm
■最大トルク=39.0kg-m(382Nm)/4000rpm
■トランスミッショッン形式=4速MT/3速AT
■サスペンション形式=前 ダブルウィッシュボーン、後 変速ダブルウィッシュボーン
■ブレーキ=前 ディスク、後 ディスク
■タイヤサイズ=6.40-1.5

テクニカルイラスト:大内 誠

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧