販売は合計100台! マセラティがゼニアとのコラボで特別な「クアトロポルテ」と「レヴァンテ」を発売

AUTHOR
2019/08/09 13:00

目玉はイタリアのファッションブランド「エルメネジルド・ゼニア」の内装

8月7日、マセラティは8月14〜18日に米カリフォルニアで開催されるカーイベント「モントレーカーウィーク」において、2020年モデルの「クアトロポルテ」と「レヴァンテ」をベースとした限定モデルを披露すると発表した。

この2モデルの限定車は、イタリアのファッションブランド「エルメネジルド・ゼニア」とのコラボレーションにより、ゼニア社独自の特殊な皮織物「PELLETESSUTA」をインテリアのトリムやシートに採用しているのが大きな特徴だ。

クアトロポルテは「S Q4グランルッソ」をベースに、ダークブラウンの「PELLETESSUTA」を用いたインテリアを組み合わせる。ボディカラーのカスタムブルーソフィスティケートメタリックとのコンビネーションにより、独特の雰囲気を放つ。そのほか、スポーツシートやブルーペイントのブレーキキャリパーが採用されている。

レヴァンテは「Sグランスポーツ」がベース。エクスクルーシブ・ブロンゾ・トリコートというユニークなカラーのボディに、ブラックの「PELLETESSUTA」を用いた内装を組み合わせる。デコレーションパネルにラディカ・ウッドトリムが採用されるほか、21インチのポリッシュヘリオスホイールや、ブラックブレーキキャリバーが装着される。

この2台の特別なマセラティは、北米市場ではそれぞれ50台限定で販売される。8月14日から開催されるモントレーカーウィークに訪れた人は、その場で注文することが可能とのことだ。

ゼニアの「PELLETESSUTA」は織り糸の代わりにナッパーレザーの極細紐を使用した柔らかくて丈夫な織物。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧