【スクープ】最速の「BMW M2」、「CS」のインテリア内撮影に成功!

2019/08/02 07:00

搭載する3L直列6気筒ターボは450㎰オーバーに?

Mモデルの末弟、「BMW M2」に初設定されるという「Ⅿ2 CS」のプロトタイプをキャッチ。今回は初めてインテリアの撮影にも成功した。M2 CSは、2018年秋にテスト中の開発車両を初めて捕捉。その後、豪雪のスカンジナビアやニュルブルクリンクなどでもその姿が確認されているが、ビジュアル的には今回が最良のスパイショットといえるだろう。

このテスト車両ではブラックアウトされたキドニーグリル、「M2コンペティション」より張り出したフロントスプリッターが確認できるほか、キドニーグリルの奥にはラジエーターや強化ブレースなども見ることができる。また、カモフラージュされてはいるがパワーバルジを備えるボンネットフードをはじめルーフ、ミラー、リヤディフューザーなどにカーボンファイバーを採用して軽量化が図られているのも間違いなさそうだ。さらに、リヤエンドではスプリットタイプの大型化されたトランクリッドスポイラー、ディフューザー、クワッド形状のエキゾーストパイプなども確認できた。

テスト車のホイールは19インチYスポークで、タイヤはサーキット適性の高いミシュランパイロットスポーツカップ2を装着。得られた情報ではサスペンションも専用セッティングが施されているという。一方、初めて捉えられた車内にはアルカンターラを巻いたステアリングホイール、カーボンファイバートリム、レッドステッチをあしらったスポーツシートなどが確認。スポーティに仕上げられていることがわかる。

注目のパワーユニットは、「M3」や「M4」から流用される3L直列6気筒ツインターボのS55で、Ⅿ2コンペティションより当然ながらハイスペック。これまでの情報では最高出力が445psを発揮するとされていたが、最新情報では450psを超えるというウワサもある。組み合わせるトランスミッションは7速DCTに加え、6速MTも設定されるという。そのワールドプレミアは最速で9月のフランクフルト・ショー。生産開始は2020年3月からになるという。

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧