【スクープ】すでに特許画像が流出! ホンダが新型EVクーペを開発か?

2019/07/31 09:00

パワー&トルクは「ホンダe」を大幅に上回る?

ホンダは先日開催されたグッドウッドフェスティバルオブスピード2019で市販が秒読みとなっている新型EV、「ホンダe」の最新プロトタイプを公開。すでにスペックも公表済みだが、そのクーペ版といえそうな2ドアEVスポーツを開発している可能性が高いことが判明した。

ホンダ・スポーツEVコンセプト

ホンダは2017年の東京モーターショーで「スポーツEVコンセプト」を発表。そのスタイリングは丸眼ヘッドライトにロングノーズ&ショートデッキを持つレトロチックなクーペだったが、開発が噂されるEVスポーツはそれを継承したエクステリアになるという。

実際、ホンダはすでに特許画像を申請。今回は、その流出画像をベースに市販型EVスポーツの予想CGを制作してみた。まず、フロントエンドはグリルデザインをスポーツ性が強調されたシャープなデザインとし、バンパー部分は両端に切れ込みを入れることで立体的な印象に。前後フェンダーもホイールハウスに大胆な膨らみを持たせ、ここでもスポーツイメージを強調してある。ちなみに、ロングノーズのフロントミッドシップ的なプロポーションは特許画像でも確認済みだ。なお、丸形のヘッドライトやホイールといったディテールは市販型ホンダeと共有される可能性もありそうだ。

ホンダe

現段階でのスペックは不明だが、クーペモデルだけにパワー&トルクが150psと300Nmと公表されたホンダeを大きく超える可能性がある。また、総電力量35.5kWhのバッテリーが増量され200km以上という航続距離が伸びることも十分に考えられる。さらに、このスポーティなスタイリングなら「タイプR」のEV的なバージョンも期待できそうだ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!