【スクープ】 新旧「日産ジューク」がランデブー!! 比べてみれば違いがまるわかりになった!?

2019/07/30 11:10

個々のデザイン要素の刷新は確かにニューモデルに相応しい水準

ここでも度々採り上げている次期「日産ジューク」だが、そのプロトタイプが初めて現行モデルを伴って姿を現した。

開発車両を単体で捉えていた際はキープコンセプトと思われたデザインも、直接比較すると異なる部分が多いことがわかる。まず、フロントはボンネットフードの形状が前方に絞り込まれる現行モデルに対し、新型ではゆるくラウンドした形状に再設計。これにより、フード開口部外側に備えられていたコンビランプが下方へ移動して薄くシャープな面持ちになっている。

また、ボディいっぱいに広がっていたグリルは横方向こそタイトになったが縦のボリュームはアップして存在感が増した。さらにテスト車ではカモフラージュされて最終デザインは不明だが、大型の円形ヘッドライトはコンパクトに修正されている可能性がある。

その後方に目を向けるとサイドミラーがドアへ移動、テールゲートへ続くスポーティなキャラクターラインが目立っていることも新型における大きな特長だ。真横からの比較写真がないことは残念だが、新型ではルノーの最新モデルと「CMF-B」プラットフォームを共有。ホイールベースが現行モデルより延長されていることは確実だ。居住空間がアップした室内には、刷新されたダッシュボードが採用され、最新のインフォテイメントシステムを搭載。運転支援システムの「プロパイロット」も最新バージョンとなる。

搭載エンジンは、1L直列3気筒ターボと1.5L dCiディーゼルのマイルドハイブリッド。上級グレードでは駆動方式に4WDもオプション設定される。また、1.6L直列4気筒エンジン+電気モーターのPHEVモデルが設定される可能性が高く、総電力量9.8kWhのバッテリーと組み合わせることで30km程度のEV走行が可能になるという。その正式デビューは既報の通り今秋が濃厚。発売は2020年初頭からとなるようだ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧