【比較試乗】 「メルセデス・ベンツ Cクラス」「BMW3シリーズ」ライバルを超えた絶妙な距離感

自動運転分野では協力しあうDセグの両雄

Dセグメントのトレンドセッターとして、ともに凌ぎを削ってきたメルセデス・ベンツCクラスとBMW3シリーズ。現行モデルはブランドの個性を維持しながらも、もはやライバルを超えた存在として個性を放っている。今回、東京〜白川郷の1300kmを走破し、それぞれの道を模索する2台の実像に清水和夫が迫った。

もはやライバルではない!? 独自性が際立つ各々の個性

永遠のライバルとして位置づけられてきた、Cクラスと3シリーズ。しかし今回、現行モデルを1300kmの道程で試すなかで、それぞれが自らの道へと歩み出したことをあらためて実感した。
新型Cクラスは、昨年のビックマイナーチェンジで6500もの変更を受けた。3シリーズが新しいプラットフォームで登場することを意識してか、大幅にブラッシュアップされた。外観、ボディディメンションに大きな変化はないが、新しい電動車両のアイコンとなるEQブーストを採用。テスト車のC200には新開発の1.5L 4気筒ターボに、48Vで駆動するベルトドライブ・スターター・ジェネレーター(BSG)が搭載されている。12Vの4倍の電圧によって、オルタネーターでも10 kW近い出力でタイヤを駆動することができ、エンジンスターターから回生ブレーキまで、BSGはマルチに三役をこなす。

01. MERCEDES BENZ C200 4MATIC

6500もの変更を受けたCクラスだが、インテリアではナビゲーションなどを表示するセンターモニターを変更し、大型化。アクティブディスタンスアシスト・ディストロニックの操作はステアリング右側に集約してワンクリックでその機能をオンにできる。1.5L直4ターボはBSGとの組み合わせにより、スムーズな発進を実現し、数字以上にパワフルだ。取材車両のC200 4マチックにはシリーズ初となるエアサスペンションが装備され、タイヤ&ホイールは17インチが標準だが、オプションの18インチサイズがセットされていた。1300km走行での平均燃費は13.9km/L。

パワーユニットは、最高出力184㎰、最大トルク280Nmを発揮する1.5Lエンジンの不得意なところを48VのBSGがカバー。そうすることで、ターボを高速用に使えるメリットが生まれ、本当に1.5Lターボなのかと、疑いたくなるパワーを与えてくれる。さらにスムーズな加速やオプション装備したエアサスによるしっとりとして上質な乗り心地はワンランク上のクラスレベル。またシャシー性能が高いため、ADAS(先進運転支援システム)も扱いやすく、安全機能はSクラスと同等のデバイスが与えられている。

Cクラス(アクティブディスタンスアシスト・ディストロニック)、3シリーズともにストップ&ゴー機能付のACCを標準搭載するが、車線逸脱制御の味付け(ステアリングの反力)は大きく異なる。

メルセデスの安全性能のプリンシパルは「ユーザーのミスユースをなくすこと」、「ユーザーが直感的に使いやすくすること」だ。ゆえにCクラスのACCは、右ハンドル車では右手の親指、左ハンドル車では左手の親指で操作が可能。技術屋よがりにならず、人はミスをするという前提に立って、安全なクルマづくりを実践している。ヘッドアップディスプレイも余計な情報を与えず、自車速度と規制速度がわかりやすく表示され、アナログとデジタルを巧みに使いこなす。実際に走ってみると、車線維持のために電動パワーステアリングが自動で動くが、その反力はごく自然で、ドライバーの感覚のなかにひっそりと入り込むようでハイテクを意識させない。車線逸脱防止はESP(エレクトリック・スタビリティ・プログラム)のブレーキ制御を使って、元のレーンに強制的に戻し、リスクが高いケースでは、ドライバーの記憶にしっかりと刻むマネージメントを貫く。

リポート:清水和夫/K.Shimizu フォト:篠原晃一/K.Shinohara ル・ボラン6月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧