フィードバックの少ないトヨタ・クラウンと安定性重視で設定されたBMW 440iの対決結果は?【清水和夫のDST】#95-3/4

フィードバックの少ないクラウン、安定性を重視した設定の440i

BMW 440i GRANCOUPE M SPORT
●制動距離60.0m(★★★☆☆)

典型的なバランスのよいFRなのに、なぜか弱アンダーステアで40Rの外側のラインをトレースしてしまった。走行ラインは全般的に4輪ドリフトアウト気味で、挙動的にはアンダーステア。低転がり性能を重視したタイヤを選択したようで、というのもタイヤの接地感がやや頼りなく、薄く感じられたからだ。さらに電子制御もライントレースよりも安定性を重視しているために、あまり舵を効かせていく感じはなかった。同日にテストしたFFのX2の方がフロントヘビーにもかかわらず、440iよりも好成績だった。諸元性能だけではわからないが、結果的には走行条件に対するロバスト性が足りないという気がした。

TOYOTA CROWN 2.0 RS ADVANCE
●制動距離58.8m(★★★☆☆)

ブレーキペダルがスポンジーなのに加えて、メーター誤差が気になった。ドリフトボックスが示した進入速度は99km/hだったのに対して、メーター表示は107km/h。せめて誤差は3%前後に修正してもらいたいところだ。さて本題だが、ステアリングとブレーキからドライバーに伝わる情報が希薄で、ステアリングの正確性では440iに及ばないと感じた。半径40Rのラインからちょっと離れて停止したが、ABSやVSCは作動しているものの、ブレーキペダルの踏力ストロークが変化してしまう。ペダルを踏んだ力が逆に戻されたり、VSCが働くとストロークが伸びたり、フィールが変わるのは要改善ポイントだろう。

リポート:清水和夫/K.Shimizu フォト:篠原晃一/K.Shinohara ル・ボラン 2019年1月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧