クルマが「自給自足」に? トヨタが高効率太陽電池搭載車の実証実験を開始

H.Tanaka
AUTHOR
2019/07/10 17:00

世界最高水準の太陽電池パネルを「プリウスPHV」に装着

トヨタとNEDO(国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構)、シャープは高効率太陽電池を電動車に搭載することによるEV航続距離や燃費向上効果の検証を目的とした公道走行実証を2019年7月下旬から開始する。

この走行実証にあたり、シャープはNEDO事業の一環として開発した世界最高水準の高効率太陽電池セル(変換効率34%以上)を車載用にモジュール化して太陽電池パネルを製作。トヨタは「プリウスPHV」のルーフやフード、バックドアなどにこのパネルを搭載、定格発電電力を約860Wまで高めた実証車を製作している。この実証車は、大幅に発電電力を向上させたことに加えプリウスPHVでは駐車中にのみ行っていた駆動用バッテリーへの充電を走行中にも行なえるシステムを採用。EV航続距離や燃費の大幅な向上を見込んでいる。

トヨタは愛知県豊田市や東京都などにおいて、さまざまな走行条件下で走行実証を行い、太陽電池パネルの発電量や駆動用バッテリーへの充電量などのデータ検証を通じ今後の車載ソーラー充電システムの開発に活かすことを目的としている。実証データの一部は3者で共有、NEDOが主催する「太陽光発電システム搭載自動車検討委員会」などでCO2削減効果をはじめ、充電回数低減などの利便性向上効果などを評価。運輸部門を含めた太陽電池パネルの新規市場創出とエネルギー・環境問題解決へのさらなる貢献を目指す。

「プリウスPHV」の市販モデル(ソーラー充電システム装着車)と実証車の性能比較
太陽電池セルの変換効率:市販モデル=22.5%/実証車=34%以上
定格発電電力:市販モデル=180W/実証車=約860W
駐車時の駆動用バッテリーへの最大充電電力量(日当たり):市販モデル=EV航続距離6.1km相当/実証車=EV航続距離44.5km相当
走行時の駆動用・補機バッテリー系統への最大充電・給電電力量(日当たり):市販モデル=カーナビなどに使用する補機バッテリー系統にのみ電力を供給/実証車=EV航続距離56.3km相当

NEDO URL https://www.nedo.go.jp/news/press/AA5_100571.html

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧