【国内試乗】「アルファ・ロメオ・ジュリア 2.2ターボディーゼル・スーパー」アルファ流、ディーゼルへの回答

竹花寿実
AUTHOR
2019/07/09 18:00

積極的にシフトパドルを使って走りたくなる!

ジュリアのラインアップにディーゼルエンジン搭載モデルが加わった。その乗り味は、持ち前の加速性能や気持ちのいいハンドリングをまったく損なうことなく、何から何まで“いつもの”ジュリア。撮影時はあいにくのウェットコンディションであったが、ドライ路面で試乗した印象をお届けしよう。

2017年、約40年ぶりにその名が復活したアルファ・ロメオ・ジュリア。FRセダンとしても、かつてのアルファ75以来25年ぶりの新世代ジュリアは、キレ味抜群のハンドリング性能と官能的な走りが魅力と言えるDセグメント随一のスポーツセダンだ。そんなジュリアにディーゼルエンジン搭載モデルが追加ラインアップされ、箱根ターンパイクを舞台に、その走りを体感する機会を得た。

車重はガソリンエンジンの同グレード(スーパー)と10kgしか変わらなく、ハンドリングのよさや曲がる時の気持ちよさはまったく損なわれていない。足元には10スポーク18インチアルミホイールを装着する。

今回導入されたのは、2.2ターボ・ディーゼル・スーパーと呼ばれるモデルで、装備内容はガソリン仕様の2.0ターボ・スーパーと共通。エンジンのみ2.2L直4ディーゼルターボとなり、価格は556万円(消費税込み)と、ガソリン車の13万円アップとなっている。
2142ccの排気量を持つ直4ディーゼルターボは、最高出力190ps/3500rpm、最大トルク450Nm/1750rpmと、クラストップレベルのスペックを誇る。2.0ターボ・スーパーなどが積む2L直4ガソリンターボと同時期に開発されたこのディーゼルユニットは、アルミニウム製エンジンブロックや中空カムシャフトなどを採用し、単体重量155kgと軽量である点も特長だ。

アルファのディーゼルとしては初となるアルミ製エンジンブロックを採用。e-VGT(電子制御式バリアブルジオメトリーターボ)により、低回転域からターボラグのないレスポンスと高いトルクを発揮。

またバランサーシャフトにより振動低減を図っているほか、e−VGT(電子制御式バリアブルジオメトリーターボ)や2000バールの高圧燃料噴射を一行程に最大8回行なう高精細な燃料噴射システム「マルチジェットII」によりターボラグが少なく、レスポンスのいいエンジン特性を実現。さらにDPFや尿素SCRなどにより、ヨーロッパのユーロ6d−TEMPはもちろん、世界的にも厳しい日本のポスト新長期規制をクリアする環境性能も備えている。

リポート:竹花寿実/T.Takehana フォト:柳田由人/Y.Yanagida ル・ボラン8月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧