ランボルギーニの女性オンリーのイベント「FAB」とは?

吉田由美
AUTHOR
2019/07/04 18:00

女性の活躍を応援し、社会的地位向上を目指すプロジェクト

6月20日~21日の2日間、イタリアで女性だけが参加したランボルギーニのイベント、「Lamborghini FAB in Sant‘Agata Bolognese(ランボルギーニFAB in サンタアガタ ボロネーゼ)」が開催されました。この「FAB」はFemale Advisory Boardの略で、ランボルギーニ初の女性役員でCMOのカティア・バッシ氏が中心となり、各分野で活躍している女性を招待して行う意見交換会です。女性の活躍を応援し、社会的地位向上を目指すプロジェクトとして昨年から世界各国で行われていて、日本では東京・渋谷のデザイナーズホテルで開催されました。今回のイタリアでのイベントには世界9都市のメンバーの中から13名が招待され、日本からは2名が参加、その中の一人が私です。

1日目の前夜、実はウェルカム・アペリティフがありましたが、日本からの飛行機が遅れ、予定した乗り継ぎ便に乗れないというアクシデントのため、到着したのは深夜。というわけで、FABメンバーとはイベント当日の顔合わせとなりました。招待された女性たちは会社経営者や映画プロデューサー、証券会社の取締役などなど、仕事でも第一線で活躍している方ばかり。さらにインフルエンサーとして発信力もあり、美しく魅力的な女性で、そのパワーと輝きに、圧倒されてしまいます。

1日目は、ランボルギーニの本社工場にて「ランボルギーニFAB」のプログラムについての紹介から始まり、その後新型SUVであるウルスのプロダクションラインとミュージアム見学へ。ランチを挟んで、スーパースポーツ系の組み立てライン、デザインセンターなどの見学と、ランボルギーニの会社説明や工場についてのプレゼンテーションがひと通り行われました。

近年ランボルギーニの躍進は目覚ましく、9年連続で業績は右肩上がりし、販売台数は約5倍になっているといいます。しかも昨年は初のSUV「ウルス」が発売され、さらなるジャンプアップが期待されています。その「ウルス」を生産するにあたり、ボロネーゼの本社工場に4億ユーロもの投資をし、工場の敷地面積はこれまでの2倍となる16万平方メートルに拡大したとのこと。今年7月にはウルスの新しいオフィスもできるそうです。

そんな勢いに乗っているランボルギーニが注目したのが「女性パワー」。確かに女性はここ数年、国内外で表舞台に出て活躍する機会が増え、「女性を味方にする」ことは大きなビジネスチャンスに繋がります。そこに目を付けたのがバッシ氏で、彼女はランボルギーニに入社する前からこの企画を温めていたとのことでした。このプログラムは、まさに女性役員のバッシ氏だからこそ実現した企画でもあるんですね。

ランボルギーニと言えば、エンブレムに「猛牛」が使われていることもあって、スーパースポーツの中でも骨太感があるブランドです。そんなイメージとは裏腹!?に、一方で社内ではどんどん改革が進み、バッシ氏のほかにミュージアムの責任者も女性で、女性が活躍していることが意外でした。しかもバッシ氏の経歴が凄いのなんの! アストンマーティンの副社長兼ブランドのマネージング・ディレクターやフェラーリのライセンシングマネージャー、イタリアでF.C.インテルナッツィオナーレミラノのコマーシャルディレクターなどを歴任する超エリートビジネスウーマンなのです。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧