ルノー・トゥインゴ・ゴルディーニR.S.は1代限りのダブルネーム【旧車ビギナーは要注意!100万円でドロ沼に陥る!?】

カー・マガジン編集部員がこれは!と思った趣味グルマを紹介する『100万円でドロ沼に陥る!? 』。今回は、ゴルディーニとルノー・スポールの名を冠したフレンチホットハッチをご紹介。強力タッグで大ヒット! とはいかなかったようで、早くも希少車の仲間入り!?

ルノー・トゥインゴ・ゴルディーニR.S.とは?

トゥインゴの走行性能を高めたR.S.をベースに、外観ではホワイトストライプを効果的にあしらい、内装ではレザーシートやシリアルプレートなど多くの専用装備を持つ。ゴルディーニの復活! と思われたが一代限りの短命に終わっている。

ゴルディーニの名を継いだホットハッチ

ルノー・ルーテシアに続いてトゥインゴ、さらにウインドにも用意され、名チューナーの名が復活した! とデビュー当時は盛り上がったが、1代限りで再び眠りについているゴルディーニ・シリーズ。8ゴルディーニを彷彿とさせるホワイトストライプやレザーシートなどの専用装備が多く用意され、R.S.の走行性能に加えて上質な仕立てが魅力であった。

トップエンドまで楽しめる:NA1.6リッター直列4気筒の最高出力は134ps、最大トルクは16.3kg-mでトランスミッションは5速マニュアルだ。

今回取り上げたトゥインゴ・ゴルディーニR.S.も、そのシリーズに名を連ねた1台。ベースはトゥインゴR.S.だが、シャシーはスポール(日本仕様のR.S.はシャシーカップのみだった)となる。そのためR.S.ほどは硬くないと記憶していたのだが、いざ試乗してみるとかなり硬い。ゴルディーニでこれならR.Sはどれだけ硬いんだ、と思いながら試乗していると、1.6リッター直4ユニットの扱いやすさが際立った。

専用アルミシフトノブには『GORDINI』のロゴが入る。

低速でもトルクは十分で、クラッチミートで神経質になる必要はなし。またNAらしく、最高出力134psを発揮する6750rpmまで胸のすく加速が気持ちいい。クロスレシオのため、高回転を維持しながら走るワインディングは、このクルマの真価を余すことなく体験できる最高のシチュエーションだろう。きっと、R.S.専用に開発されたフジツボ製マフラーのエグゾーストノートがさらに気分を高めてくれるはずだ。一方で高速走行時のエンジン回転数はかなり高めでキープされるため、高速移動がメインの方はちょっとツライかも。

ブルーゾーンに昂る:トップエンドをブルーでペイントされたレブカウンターが、ドライバー前方の特等席に備わる。運転席に腰を下ろせばこの景色で気分は昂るはずだ。オーディオやエアコンなどのスイッチはシンプルで使い勝手も良好。

Text:中本健二/Kenji NAKAMOTO Photo:山本佳吾/Keigo YAMAMOTO カー・マガジン486号(2018年12月号)より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!