焦らしすぎ? 「MINIジョン・クーパー・ワークスGP」がニュルでウォームアップ

AUTHOR
2019/06/25 10:00

新型はニュルブルクリンクのラップタイムで8分を切る実力

BMWグループは6月22〜23日に開催されたニュルブルクリンク24時間レースの場で、現在開発中の新型「MINIジョン・クーパー・ワークスGP」のプロトタイプを初めて公開した。市販モデルは2020年に登場する予定で、世界3000台が限定発売される。

完成まで微調整を必要としながらも、新型のプロトタイプはニュルブルクリンクのノルドシュライフェを8分以下でラップ。このタイムは、先代モデルの8分23秒を大幅に凌ぐもので、新型の開発が順調であることをうかがわせる。

新型には最高出力300psを超えるツインパワーターボエンジンが搭載される予定。このたび公開された新型は偽装が施されていたものの、大きな開口部を持つエアインテークや大径サイズの軽合金ホイール、前後エプロン、ルーフスポイラーなどによって、独特のエクステリアの持ち主であることが確認できる。

今後は市販モデルの発表までにテストプログラムを重ねるとのこと。同社では、プレミアムコンパクトのセグメントで新しいベンチマークを打ち立てるとしており、新型の高い完成度を予想させる。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧