最強の「マスタング」、2020「シェルビーGT500」の最高出力は760ps!

AUTHOR

最も強力な「ストリートリーガル・フォード」

6月19日、フォードはマスタングのトップパフォーマンスモデル「シェルビーGT500」に搭載するV8スーパーチャージャーエンジンのスペックを760psに設定し、2020年モデルとして発売すると発表した。

現行のシェルビーGT500は今年1月にマスタングのトップパフォーマンスモデルとして登場。搭載される5.2LのV型8気筒スーパーチャージャーエンジンの最高出力は700ps以上を発揮することが明かされていたが、このほど、そのスペックが760psに確定したわけだ。ちなみに最大トルクは625フィートポンド(約847Nm)だ。

このハイアウトプットは7速DCTの「TREMAC」を介して後輪に放たれ、0-60マイル(約97km/h)加速を3秒半ば、0-400m加速を11秒以下でこなす加速性能を実現。これまでで最も強力な「ストリートリーガル・フォード」と同社は紹介している。

なお、新型シェルビーGT500には標準モデルのほかに、アジャスタブル・ストラット・トップマウントやガーニーフラップ付きスポイラーを装備する「ハンドリングパッケージ」や、カーボン製リヤウイングやカーボンファイバーホイール、ミシュラン・パイロットスポーツカップ2タイヤを装着する「カーボンファイバートラックパッケージ」がラインナップされている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧