“兄貴分”に通じるテイストへと変身! 新型「プジョー2008」が登場

AUTHOR
2019/06/24 13:00

ピュアEV仕様の「e-2008」を設定

PSAグループは6月19日、フルモデルチェンジを受けて2代目に移行した新型「プジョー2008」を発表した。2019年末から欧州を皮切りに市場導入される予定となっている。

新型2008は、3月のジュネーブ・ショーで発表された新型「208」(日本未導入)と同様、新世代のCMPプラットフォームを採用。ボディサイズは全長4300×全幅1770×1550mmで、ホイールベースは2650mm。従来型と比べておよそ141mm長く、30mm幅広く、20mm低い。ホイールベースは10mm拡大した。

ボディサイズが拡大されたことにともなって荷室容量もアップ。従来型の360Lに対し、新型は405Lを確保。さらに新型には荷室の床下に29L分の収納スペースが設けられている。

エンジンは1.2Lガソリンターボと1.5Lディーゼルターボを設定。後者のアウトプットは100ps/250Nmまたは130ps/250Nmの2種類が用意され100ps仕様には6速MTを、130ps仕様には8速ATが組み合わされる。

一方、ガソリン仕様は100ps/205Nmと130ps/230Nm、そして155ps/240Nmの3タイプのスペックがラインアップ。それぞれのアウトプットに合わせて6速MTまたは8速ATを組み合わせる。

このほか、新型2008にはピュアEV仕様となる「e-2008」がラインアップされた。パワートレインは134psと260(300)Nmを発揮する電気モーターと総電力量50kWhのバッテリーの組み合わせ。WLTPモードで310kmの航続距離を実現したほか、最高速度は150km/hをマークする。

内外装のデザインは新型208や「508」などと同様に、新世代のプジョー・デザインが反映。全体的なスタリングは現行の「3008」や「5008」のイメージが踏襲され、新世代プジョーSUVファミリーを感じさせる。

そのほか、新型208から導入された10インチワイドディスプレイを組み合わせる新世代の「i-コックピット3D」を採用したほか、先進の運転支援機能やコネクティッド技術が導入されている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧