マクラーレンに第4のシリーズが登場!「マクラーレンGT」ジャパンプレミア

相澤隆之
AUTHOR
2019/06/21 12:00

マクラーレン・オートモーティブは6月20日、これまでのスポーツ/スーパー/アルティメットのファミリーに加わる新たなシリーズの「マクラーレンGT」を発表した。価格は26,450,000 円(消費税10%込)~で、デリバリーは2019年末を予定しているとのことだ。

このマクラーレンGTは新たな顧客層獲得のためのモデルで、同社のラインアップとしてはより広いラゲッジスペースを持ち、快適さと使いやすさが向上した一方で、同クラスの他のモデルと比較するとより軽く、速く、現代のGT(グランドツーリング)というジャンルを再定義したものだという。

エクステリアはこれまでのシリーズとは一線を画したシンプルでエレガントなデザインへと刷新。リアエンドにはLT(ロングテール)モデルにも似たデザインを取り入れ、全体的に流れるようなフォルムを形成している。ボディサイズは全長4683×全幅2045×全高1213mmで、スポーツ/スーパーシリーズのどのモデルよりも長い全長が与えられたのも特徴だ。

インテリアは基本レイアウトこそ他のモデルを踏襲しているが、インフォテイメントシステムを大幅にアップデート。トリムは2種類のレザーとアルカンターラのほか、量産車では初となるカシミアも選択が可能で、リアのラゲッジスペースには、汚れや摩擦などによるキズができにくく、クリーニングも簡単なSuperFabricも用意されている。

パワートレインはスーパー/アルティメイトシリーズと同じ4L V8ツインターボで、最高出力620ps、最大トルク630Nmを発生。0→100km/h加速は3.2秒、最高速度は326km/hをマークする。なお、エンジンマウントに工夫を凝らすことでノイズを低減、静粛性も向上しているとのことだ。

一方で、マクラーレンGTの最大の特徴といえるのがラゲッジスペースの広さで、エンジン高を低めエキゾーストの位置を工夫したことにより、リアには420Lの容量を確保。ゴルフバッグや185cm のスキー板2セットとブーツ、手荷物を楽々と積載できるほか、フロントにも150Lの収納スペースを持ち、トータル570Lの容量が用意されている。

発表会では、冒頭に日本支社代表の正本嘉宏氏が、日本国内での販売が好調であり、世界第3位で前年比64%増、累計販売台数は1000台に達したとコメント。続いてチーフデザイナーのゴラン・オズボルト氏がマクラーレンGTのデザインについてのプレゼンテーションを行った。

今後この「GT」シリーズのラインアップを増強していくであろうマクラーレン。その勢いは増すばかりだ。

マクラーレンオートモーティブhttps://jp.cars.mclaren.com/

 

 

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧