【スクープ】BMWが次期「Ⅿ3」でキドニーグリルを大改革?

2019/06/21 11:00

駆動システムは「Ⅿ5」などに続いて4WD化

「BMW3シリーズ」の最強モデル、「M3セダン」市販型プロトタイプがカメラに捉えられた。それも、今回はこれまでで最もカモフラージュが軽い状態で、だ。

キャリアカーに積載されたテスト車では市販型のヘッドライトやバンパー、サイドスカート、張り出したフェンダーなどが露出している。しかし、注目はフロントエンドのメッシュカバー下に透けて見えるキドニーグリルだ。艤装された状態でもワイド化されており、さらに興味深いのは複数の横スリットが確認できることだ。また、さらにバンパー下部まで大型化されているようにも見えて、レクサスのスピンドルグリルすらイメージさせる。もし、これが市販型の最終デザインだとすれば、BMWのアイコンであるキドニーグリルデザインの大改革となるわけだ。現段階でキドニーグリルとバンパーのエアインテークがつながるか否かは不明だが、この造形を次期「M4」とも共有する可能性は高い。

また、今回はフロア部分の撮影にも成功したのだが、高性能モデルらしい4本出しテールのエキゾーストや冷却性能を高めているであろうデフ回りが確認。ちなみにこのテスト車はⅯ3では初となる4WDのxドライブ仕様のようだ。

アップデートされたパワーユニットの情報も入手した。新型Ⅿ3では社内コードで「ピュア」、「ベース」、「コンペティション」と呼ばれる3つのグレードが設定される可能性があることは既報の通りだが、ピュアは最も軽量化された仕様で、エンジンは最高出力454psを発揮する親開発の3L直列6気筒ツインターボ。ギアボックスは6速MTを組み合わせる。一方ベースに搭載されるユニットは最高出力480ps、コンペティション用は実に510psの最高出力を叩き出すという。なお、ベースとコンペティションのギアボックスは8速ATで駆動方式は4WDの「M xドライブ」となるはずだ。そのデビューは、最速で今年9月のフランクフルト・ショーとなる模様だ。

TAG :

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧