気軽に乗りたい! けれど乗りたくない? ルノー4【旧車ビギナーは要注意!100万円でドロ沼に陥る!?】

カー・マガジン編集部員がこれは!と思った趣味グルマを紹介する『100万円でドロ沼に陥る!? 』。今回はヒストリックカー入門の定番モデル、ルノー4を取り上げます。生産終了から早くも25年前が経過し、当然めぼしい個体は減少中です。

ルノー4とは?

ルノー4は”ブルー・ジーンズのようなクルマ”をコンセプトに1961年8月に誕生した。その狙い通り、だれもが乗れる安価で実用的なクルマの代表モデルだ。1992年まで、32年に及ぶモデルライフを誇った。

ルノー4と言えば、ヒストリックカーの入門モデルとして、本誌では幾度となく取り上げてきた。ボディサイズがちょうどよく、前席、後席とも大人が余裕で座ることのできるパッケージング。エンジンもパワフルで、幹線道路の合流でも怖い思いをすることはない。街中で見かける機会は減ったが、フランス車の祭典フレンチブルーミーティングへ出かければ、車山の急こう配をモノともせずに駆け上がり、整列したキャトルの雄姿を見ることが出来るはずだ。

<唯一無二の経年変化>オールペイントで新車当時の輝きを取り戻すことは出来るが、誕生から36年を経て手に入れたオリジナルペイントの落ち着いた色合いは、この個体だけが持つ魅力といえる。

32年の間に813万台が生産されたルノー4は、特段珍しいモデルではないが、1992年に生産が終了しているため最後期モデルでもすでに25年が経過している。そのため、良好な個体が減少しているのは当然のこと。ユーズドカーマーケットを見渡せば、高年式のGTLは数台見つけることが出来るが、初期型のカマボコ型グリルは皆無。ここで取り上げたグリルがブラックのTLも見かける機会は少ない。

<数値では計れない>845ccの水冷直列4気筒OHVエンジンは、956 & 1108ccユニットと区別するため生産地からビヤンクール(B)ユニットとも呼ばれる。エンジン上部を渡るのはシフトロッドだ。軽量なため、排気量からは想像できない程軽快に走る。

Text:中本健二/Photo:山本佳吾/カー・マガジン470号(2017年8月号)より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧