ランボルギーニが映画「ミニミニ大作戦」で使用された「ミウラ」を発掘?

AUTHOR

映画公開から50周年の節目に、劇中に登場したミウラのレストアが完了

ランボルギーニのクラシック部門「ポロストリコ」はこのほど、1969年に公開された映画「The Italian Job(邦題:ミニミニ大作戦)」に登場した「ミウラ(シャシーナンバー3586)」のレストアが完了したことを報じた。

同映画のオープニングシーンでミウラは破壊されるが、実際に破壊されたのは別のクルマ。一方、同映画で使用されたミウラは撮影後、所在がわからなくなっていた。その後、50年におよぶ捜索が続けられ、さまざまな愛好家の元を経ていることが判明。現在の所有者は2018年に購入したリヒテンシュタインのコレクター、フリッツ・カイザー氏であることが有力視された。

このミウラはポロストリコに送られ、さまざまな調査によって同映画に登場した個体であることを証明。このたび、同映画の公開から50周年の節目に、レストアを完了させた。

2015年に発足したポロストリコは、2001年までに製造されたクラシック・ランボルギーニの保存を目的に設立された部門で、該当モデルの修復と認証のほか、スペアパーツを再製造している。

このたび披露されたスクリーンを飾ったミウラによって、ポロストリコのレストア能力の高さが改めて強調された。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧