アウディが「S5」にも高性能ディーゼル仕様をラインアップ

AUTHOR
2019/04/28 14:00

347ps/700Nmの3L V6ターボを搭載

4月17日、アウディは欧州市場向けの新型「S5シリーズ」にディーゼルエンジンを搭載することを発表し、2019年5月から発売する。同市場における車両価格は6万5300ユーロ(約814万円)からとのこと。

Sモデルへのディーゼルエンジン搭載の話題は、先般、本サイトでお伝えした「S6セダン/アバント」、「S7スポーツバック」に続くもの。「S5クーぺ」および「S5スポーツバック」に搭載されるディーゼルエンジンは、347ps/700Nmを発揮する3L V型6気筒ターボで、48Vシステムを組み合わせるマイルドハイブリッドとなる。

トランスミッションは8速ATのティプトロニックで、スポーツディファレンシャル付きのクワトロシステムが搭載される。これらのドライブトレインによって0-100km/h加速は、S5クーペで4.8秒、S5スポーツバックで4.9秒を実現。その一方で、燃費は16.2km/L(WLTPモード)をマークしている。

クワトロシステムはセルフロック式のセンターディファレンシャルで、前後駆動力配分は、通常時で40対60、滑りやすい路面など走行シーンに応じてフロントアクスルに最大70%、リヤアクスルには最大85%が配分される。

外観ではグリルやバンパー、ドアミラーカバーなどにアルミが用いられ、高性能モデルであることを主張。ホイールは18インチ(タイヤサイズは245/40R18)が標準で、19インチ(同255/35R19)と20インチ(同265/30R20)をオプション設定している。

インテリアでは、レザーとアルカンターラのコンビ、またはファインナッパレザーを張るフロントスポーツシートやSバッジ付きのステアリングホイールが特徴的。シートには菱形パターンのコントラストステッチや「S」エンブレムのエンボス加工が施され、スポーティな雰囲気を引き立てている。

なお、欧州以外の市場では354ps/500Nmを発する3L V6ガソリンターボの「3.0 TFSI」ユニットが搭載される。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧