本格的なクロカン走行にも十分に対応できる玄人仕様のジムニーJA11【ジムニー天国 2019】

2019/04/18 11:30

純正エクステリアにこだわりつつ機能美をプラス

JA11/12、JB23/43など、ジムニーのモディファイを専門に手がけるACRは、快適街乗り仕様から本格クロカン仕様まで、幅広いユーザーニーズに応えたマシン造りを行っている。同店の真骨頂と言えるのが、ここで紹介するJA11「玄人仕様」だ。

オリジナルのアウターロールケージNEXTは、4点で固定するタイプ。貫通させないので取り付けが容易だ。

バンパーの先端部をカットすることで、タイヤがフルバンプした時の干渉を防止し操舵が可能に。

エクステリアでは奇をてらわず、ノーマルの持つ美しさを優先しつつ、実用性を持つパーツでの機能美を加えるという方向性を選択した。ACRは極限のクロカン走行性能を追求しながらも「ボルトオンカスタム」という手法を得意としており、これにより安心して普段使いもできる1台を実現したという。

フロントサスは3インチアップのリーフスプリングに、ACRセッティングのTRD製ダンパーのセット。

リアサスはやはり3インチアップのリーフスプリングに、KYB製のオリジナルダンパーの組み合わせ。

モディファイのコアとなるサスペンションは、ZEALの3インチアップリーフスプリングに、ACRオリジナルセッティングのTRD(フロント)&KYB(リア)のダンパーをセット。これに、ジオメトリーの精度をより向上させるオリジナルブッシュやシャックルを組み合わせて、理想とする脚の動きを実現。不整地を柔軟にトレースしつつ、舗装路では踏ん張りの利いた乗り味を確保した。

リフトアップで、柔軟性のある脚の動きの実現やアクスルステアの適正化には欠かせないロングシャックル。

クロカン走行に向けて不可欠な純正マフラーの切り上げ加工。デパーチャーアングルをしっかり確保。

ロードホイールはハヤシストリートに、定番の6・50サイズのジオランダーM/T+のセットアップ。不整地のトラクションと見た目の迫力を両立させている。また、ACRオジリナルセッティングのLSDもインストール。マフラー切り上げ加工、バンパーカットと併せて、走破性向上に寄与している。
外観上のハイライトは、やはりアウターロールケージ。装着には小加工を要するが、転倒時にボディを保護する心強いパーツだ。

ホイールはシャープで都会的なイメージのハヤシストリートをチョイス。

ジムニー天国2019より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧