【タミヤ新製品】6輪タイレルが1/10スケールの電動ラジコンカーになった!

井澤 利昭
AUTHOR
2019/04/18 17:00

史上唯一、実戦投入された6輪F1マシンを自分の手で操る

星のマークでお馴染みの模型メーカー株式会社タミヤ(以下タミヤ)は、組み立て式RC(ラジオコントロール)カーの新製品として「1/10RC タイレルP34 1977 モナコGPスペシャル 塗装済みボディ」を2019年4月27日ごろ発売する。

1976年のF1グランプリシーンに現れた史上唯一の6輪F1マシン「タイレルP34」。その独創的なスタイルから今なおファンが多いこのマシンを、1/10スケールの電動RCカーとして再現したのがこの商品だ。

ロニー・ピーターソンが乗った3号車と、パトリック.デパイユの4号車を選択して組み立てることが可能。ヘルメットもマーキングまでリアルに再現される。

モデル化されたのは1977年のモナコGP仕様。この年からメインスポンサーとなったファーストナショナルシティ銀行をイメージしたホワイト&ブルーのカラーリングが施されたボディは、ドライバー人形やエンジンのエアファンネル、ウイングの翼端板などが別パーツで構成され、RCカーとは思えないリアルな仕上がりを見せる。

V型8気筒のフォード・コスワースDFVエンジンはエアファンネルを別パーツで構成し、実感を高めている。

また、一般的な組み立てキットではボディの塗装やカットはユーザーが行う必要があるが、このキットに同梱されるボディは工場塗装済み。複雑な形状の部分は一部カット済みとなっているため、初心者でも手軽に仕上げることができる。

衝撃に強く壊れにくいポリカーボネート製のボディは塗装済み&一部カット済み。組み立ての中でも手間がかかる作業だけにうれしい配慮だ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧