【スクープ】新型「メルセデス・ベンツ Sクラス」の登場は2020年!

小野泰治
AUTHOR
2019/03/23 13:00

ヘッドライトは早くも生産型フルマトリクスを装着

標準ホイールベース

メルセデス・ベンツのフラッグシップにしてプレステージセダンのベンチマークでもある「Sクラス」。その新型と思われる艤装の軽いプロトタイプが、豪雪のフィンランド山中でキャッチされた。

 

ロングホイールベース

プロト車両は標準ボディのほかにLWB(ロングホイールベース)仕様もあり、グラスエリアは現行型の面影が残る仕立て。そのボディは弟分の「Eクラス」がサイズ拡大を続けている影響か、艤装を施している前提を差し引いても量感豊かに感じられる仕立て。実際、ホイールベースは標準ボディでも現行型より長くなるという情報もあるだけに次期Sクラスもボディが大きくなる可能性は高い。

そのほかでプロト車両から確認できるのは、生産型と思われるフルマトリクス・ヘッドライトやテールライト。ウィンカーとLEDデイタイムランニングライトを組み合わせたグラフィック、トランクルームに鋭角に切れ込むテールライトなど。また、実際にそうなるかはともかく一部が露出したラジエターグリルは横方向のアクセントバーが3本から2本に減っていることも確認。ディテールは最新の「CLA」や「Aクラス」に通じるものとなるはずだ。

装備面では運転支援が「レベル3」の自動運転対応となるほか、「ディストロニック・アクティブ・プロキシミティ・コントロール」と「アクティブ・ステア・アシスト」の進化バージョンを搭載。プロト車両を見る限りインパネの基本レイアウトは確定していないようだが、現在の12.3インチに代わり大型ディスプレイをデュアルで装備する可能性があるほか「MBUX」インフォテインメントシステムが最新版にアップデートされることも確実だろう。

一方、パワートレインは一層の電動化が進む。3L直列6気筒ディーゼルターボやV6ガソリンのツインターボに加え、3L V6ガソリンツインターボ+電気モーターを搭載するPHVモデル(S500e)などをラインアップ。加えてメルセデスの新EVブランドである「EQ」には、「EQ S」と呼ばれるEVの設定も予想されている。その開発状況は中~後半というところだが新型Sクラスのワールドプレミアは2020年内あたりとなりそうだ。

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧