ジャガーのピュアEV、「Iペイス」が欧州カー・オブ・ザ・イヤーを受賞

AUTHOR

ジャガー初のEVにしてブランド初の栄冠に

ジャガー・ランドローバーは3月4日、ジャガー初のピュアEVモデル「ジャガーIペイス」が、ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2019を受賞したことを発表した。

「ヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー」の選考委員は、23カ国60名の著名なモータージャーナリストで構成され、技術的革新性やデザイン、パフォーマンス、効率性、そして価格に見合った価値という観点から選考車両を評価する。

この受賞を受けて、ジャガー・ランドローバーのラルフ・スペッツCEOは次のようにコメントしている。
「ジャガーにとって初めての電気自動車であるIペイスが、同じくジャガーにとって初となるヨーロッパ・カー・オブ・ザ・イヤー2019を受賞することができ、大変嬉しく思います。Iペイスは、英国で白紙の状態からデザインおよびエンジニアリングをした技術的に最も高度な電気自動車であり、真のゲームチェンジャーだと自負しております。今回の受賞は、ワールドクラスのチームが積み重ねてきたこれまでの努力の結実であり、私たちの誇りです」

日本でも昨年9月に受注を開始したIペイスは、世界で順調に販売を伸ばしており、これまでに8000台を超えるデリバリーを記録。欧州における販売台数は、全体の75%を占めているとのこと。

ちなみにIペイスは2018年3月のワールドプレミア以降、「ドイツ・カー・オブ・ザ・イヤー 2019」をはじめ、「ノルウェー・カー・オブ・ザ・イヤー 2019」、「UKカー・オブ・ザ・イヤー2019」、そして「中国グリーン・カー・オブ・ザ・イヤー」など、すでに55の世界の名だたる賞を獲得している。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧