【国内試乗】「プジョー308」1.5Lディーゼルという絶好の選択肢が追加

2019/03/10 11:00

新搭載ディーゼルは燃費の良さも魅力

プジョーはフランス車の中ではクセが強い方ではなく、ちょっとお洒落なクルマというイメージが強い。308もまさにそんな佇まいで、気軽に手を出せそうな雰囲気だ。そんな、308のラインアップにきわめて魅力的なエンジンを積むモデルが登場した。

試乗車のGTラインは、チェッカータイプフロントグリル&リアアンダーガーニッシュやアクティブセーフティブレーキを装備する。

2014年の現行型308登場以来、最大の改良となった今回は、エンジン、トランスミッション、安全面に手が入れられた。
まず、従来の1.6L(DV6型)BlueHDiに替わり、シリンダーヘッドの新設計やフリクションが低減された新開発の1.5L直列4気筒ディーゼルターボエンジン(DV5型)が搭載されたのがトピック。最高出力は従来から10psアップの130ps/3750rpm、最大トルクは300Nm/1750rpmを発揮する。
実際に、308を走らせてみると、1000rpmを少し超えたあたりから豊かなトルクを発揮するエンジンのおかげで、動き出しは軽く、一般道はもちろんのこと、高速道路でも、軽くアクセルペダルを踏むだけでスッとスピードを上げていく。登りのワインディングでも、アクセルペダルを深く踏むことでグイグイと加速してくれる。以前、気になっていたディーゼル車のフロントヘビー感もずいぶん抑えられ、軽快さに加えて振動が極めて少ないなど完成度の高さを実感できる仕上がりといっていいだろう。

新設計の1.5Lエンジンはル・マン24時間を制覇したプジョー908HDi FAPの設計を反映させた燃焼室形状、2000バールの新インジェクションを採用する。

GTラインは17インチホイールが標準。

インテリアはカーナビやオーディオ、空調までをタッチパネルのディスプレイで操作させるので、多機能ながらスイッチ類が極端に少なく、実にシンプルで洗練されている。ただ質感が高いだけではなく、もうひと味足されているのが308ならではといえる。

さらに、スムーズにシフトチェンジを行うアイシンAW製の8速ATを得たことで、走りの質はますます向上している。
燃費の良さも大きな魅力で、JC08モード燃費は従来比+15.7%の24.3km/L(従来は21.0km/L)と大幅な向上を実現している。高速道路の流れに合わせた走行で18km/L、やや控えめに走行すればカタログ値に近い数値を表示していた。その他に、アクティブクルーズコントロールが標準装備され、特別仕様車の「GTライン」にはアクティブセーフティブレーキも搭載される。
1.5Lディーゼルを搭載した最新の308は、輸入車Cセグメントにおいて、一躍その存在感を増したといえるだろう。

リポート:下江優太/フォト:小林俊樹/ル・ボラン2019年4月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧