「ジャガー XE」が大幅アップデート!

AUTHOR
2019/02/28 18:00

ジャガー最新のインフォテイメントシステム「タッチ・プロ・ディオ」を採用

2月27日、ジャガー・ランドローバーは大掛かりな改良を受けた新型「ジャガーXE」を発表した。

エクステリアは「Jブレード」と呼ぶデイタイムランニングライトを備えたフルLEDヘッドライトをはじめ、より洗練度を高めたバンパー、フルLEDのテールライトなどが刷新され、筋肉質なフォルムがさらにスポーティに仕上げられている。「Rダイナミック」では専用デザインの前後バンパーが採用され、ダークメッシュのグリルと合わせてパフォーマンスモデルであることが強調されている。

美しくラグジュアリーな雰囲気を発散するインテリアでは、先進テクノロジーの搭載が見どころ。センターパネルには、同社初の電気自動車「Iペイス」と同じ最新のインフォテイメントシステム「タッチ・プロ・デュオ」を採用。さらに新型XEでは、セグメント初となるリヤビューミラー「クリアサイト」を採用した点もニュースだ。

搭載エンジンの多彩なラインナップは新型でも健在だ。ガソリンとディーゼルが設定されるエンジンは2L直列4気筒ターボの「インジニウム」を、従来型から引き続き搭載。ガソリン車は250ps仕様の「P250」と300ps仕様の「P300」を、ディーゼル車は180ps/430Nm仕様の「D180」を用意。いずれも8速ATが組み合わされる。駆動方式は搭載エンジンによってFRとAWDが設定される。P300のAWD仕様では0-100km/h加速を5.7秒でこなす加速性能を実現している。

トリムレベルは「S」、「SE」、「HSE」が設定され、それぞれにスポーティな装いの「Rダイナミック」が選べる。エントリーモデルでも18インチホイールやレザーシート、オールLEDヘッドライト、前後のパークエイド、リアカメラ、レーンキープアシストといった装備が標準となっている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧