三菱がジュネーブで新コンセプトカーを発表

H.Tanaka
AUTHOR
2019/02/01 16:00

名前はスイス有数のリゾート地由来

三菱自動車は3月5日~3月17日まで開催される第89回ジュネーブ国際モーターショーにおいて、コンセプトカーの「ミツビシ・エンゲルベルク・ツアラー」を世界初披露する。この新しいコンセプトカーは三菱自動車のブランドメッセージである「Drive your Ambition」を具現化するデザインフィロソフィ「Robust & Ingenious」に基づくデザインを採用。独自かつ先進の電動化技術によってSUVとしての魅力をいっそう高めた新世代クロスオーバーSUVに仕上げられているという。

車名に冠したエンゲルベルクはスイス中央部にある山間部の村で、壮大なパノラマの景色を楽しめる有数のスキーリゾート。また整備されたゲレンデだけでなく、フリーライディングと呼ばれる自然で人の手が入っていない地形で滑走するスキーのスタイルを楽しむことができる場所のひとつとして知られている。エンゲルベルク・ツアラーは、「行動範囲を広げたい、さまざまなことに挑戦したい」というドライバーの気持ちに応えるクロスオーバーSUVにして、仲間とともにウインタースポーツを心ゆくまで楽しむための頼もしい相棒という位置づけのモデルだという。

なお、三菱自動車では2019年ジュネーブ国際モーターショーに関する情報を発信するスペシャルサイトを開設しているので、続報はそちらをご参照のこと。
http://www.mitsubishi-motors.com/jp/innovation/motorshow/2019/gms2019/

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧