パイオニアが外資の傘下に

田畑修
AUTHOR
2019/01/30 07:30

オーディオ、カーAVの老舗であり、日本を代表するブランドでもあったパイオニアがアジアの投資ファンド、ベアリング・プライベート・エクイティ・アジアの資本を受け入れ、外資の傘下で再建を図ることになった。投資金額は1020億円におよび、パイオニアは同社の完全子会社となって上場も廃止。地図事業やAIを主体に事業再構築を目指す。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!