ポルシェがボクスターとケイマンに「718T」をラインナップ

AUTHOR
2018/12/21 18:00

「T」はツーリングの略

12月19日、ポルシェは718ケイマン&ボクスターに新たな高性能バリエーションとなる「718ケイマンT」&「718ボクスターT」を設定したことを発表した。ドイツでの販売価格は718ケイマンTが6万3047ユーロ(約805万円)から、718ボクスターTが6万5070ユーロ(約831万円)からとなっている。

搭載される2リッター水平対向4気筒ターボエンジンは718ケイマンS & 718ボクスターSと同仕様となる300ps/380Nmを発揮する。車重はMT車で1350kg、2ペダルのPDK仕様車で1380kg。0-100km/h加速タイムはそれぞれ5.1秒と4.7秒をマークする。最高速は275km/hだ。

スポーツクロノパッケージを標準装備している点もこのモデルの特徴で、ステアリングホイールに備わるスイッチ操作によって走行モードを「ノーマル」「スポーツ」「スポーツプラス」「インディビデュアル」から選択可能。スポーツプラスでは、PASM(ポルシェ・アクティブ・サスペンション・マネジメント)や、PADM(ポルシェ・アクティブ・ドライブトレイン・マネジメント)、アダプティブボディポジショニングにより、スポーティな走りがさらに高まる。

外観では、高光沢チタングレーにペイントされた20インチホイールやクロムメッキを施すブラックのスポーツエキゾーストフィニッシャー、そして20mmローダウンしたPASMスポーツシャシーを組み合わせたことにより独特のスタンスを実現。ボディカラーは写真のインディアンレッドのほか、ブラック、レーシングイエロー、ホワイト、キャララホワイト、ディープブラック、GTシルバーをラインナップし、特別色としてラバオレンジとマイアミブルーが設定されている。

360mm径のGTスポーツステアリングホイールを装備するインテリアでは、ブラックのデコレーションパネルが特徴的。メーターパネルなどには「Cayman T」や「Boxster T」の専用ロゴが表示される。インナードアパネルのノアノブは、ストラップタイプだ。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧