日産「エルグランド」の安全装備が充実

H.Tanaka
AUTHOR
2018/12/15 08:00

「サポカーS」のワイドに対応

日産は「エルグランド」の一部を仕様向上させ、12月13日より発売を開始した。消費税込みの車両本体価格は、2.5リッター4気筒エンジン搭載車が331万8840円~476万9280円。3.5リッターV6エンジン仕様は426万1680円~594万2160円。そして特別仕様車の「エルグランドVIP」は、627万4800円~816万4800円。

エルグランドは発売以来、ロー&ワイド・プロポーションと低重心プラットフォームによる優れた操縦安定性や安定感のある走行性能。圧倒的な存在感を誇る力強いエクステリア、快適で上質な空間を提供するインテリアなどが好評を得ている。今回の仕様向上では、先進安全装備を全グレードに充実。より安心した走りを楽しめるように改良された。

その内訳だが、「LDW(車線逸脱警報)」や「インテリジェントLI(車線逸脱防止支援システム)」、「進入禁止標識検知」のほか、緊急時のブレーキをアシストする「インテリジェントエマージェンシーブレーキ」、先行車や対向車のライトや周囲の明るさを検知し、ヘッドライトを自動的に上向きと下向きに切り替える「ハイビームアシスト」が標準装備となった。

 

また、アクセルペダルとブレーキペダルの踏み間違いによる衝突の防止を支援する「踏み間違い衝突防止アシスト」については、前方の歩行者に対しても察知して作動するように機能向上が図られている。

 

さらに、高速道路などでの長距離ドライブ時にドライバーの運転負荷を低減する「インテリジェントクルーズコントロール」も「250XG」グレード以外では全車標準装備となった。

エルグランドは、これら先進安全技術の充実により経済産業省と国土交通省などが普及啓発をしている安全運転サポート車、「セーフティ・サポートカーS(サポカーS)」のワイドに対応する。

 

なお、今回の仕様向上にともない特別仕様車であるエルグランドVIPに加えオーテックジャパン扱いとなる「ライダー」、「ステップタイプ」、福祉車両の「ライフケアビークル(LV)」シリーズもベース車と同様の改良が実施されている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧