【試乗インプレ】圧倒的な完成度で再登場! メルセデス・ベンツCクラス

2018/12/04 07:30

2014年から販売が開始され、売れ行きも好調な5世代目Cクラスが、セダン、ステーションワゴン、クーペ、カブリオレの4車種を同時にマイナーチェンジ。見た目はキープコンセプトながら、約6500カ所におよぶ部品改良のほか、パワートレインやテレマティクス、安全支援機能などが大幅に刷新されている。

新型を機にフロントおよびリアバンパー形状 を見直し、よりダイナミックなデザインを獲得。セダンのテールライトユニットは「C」の文字をモチーフにしたライトデザインに変更。

常にセグメントのベンチマーク

1982年に誕生した190が「W201」、初めてCクラスを名乗ったモデルが「W202」と型式名の数字が連続しているので、メルセデスの公式資料では190も“Cクラス”ファミリーに含められ、“初代Cクラス”という扱いになっている。でも個人的にはW201とW202以降のモデルは、その生い立ちや素性を考慮すればまったく別のクルマだと思っているので、この“くくり”には違和感を覚えなくはない。初代CクラスはやっぱりW202である。

W202の生産期間は1993年から2001年まで。1996年にワゴン、1997年にV8を積んだC43 AMGなどが追加された。W203は2000年から2007年まで。フロントに新設計の3リンク式ストラットサスペンションを装備したり、2005年から7Gトロニックトランスミッションをオプションで用意、初めてCクラスに4MATICを採用するなど、技術的革新が多く見られた。2007年から2014年はW204の時代。それまではクーペやカブリオレなどにしか許されなかったフロントグリル内へのスリー・ポインテッド・スターの配置がセダンでも初めて実現した。「アジリティ」という言葉を使い、ハンドリングの良さを強調するようになったのもW204からである。

現行のW205の登場は2014年。前年に現行のSクラスがデビューした直後だったこともあり、Sクラスを小さくしたようなスタイリングが印象的だった。車格が上がった雰囲気も功を奏して、2017年までにセダンとワゴンだけで約41万5000台を売り上げたという。現在、Cクラスはドイツ(ブレーメン)をはじめ、南アフリカ(イーストロンドン)、アメリカ(タスカルーサ)、そして中国(北京)の4カ国に生産設備を有している。ちなみに北京工場では中国市場向けにロングホイールベース版(V205)も生産されている。

今回のマイナーチェンジでは、約6500カ所(パーツベースでの数値)も改良の手が入ったという。歴代のCクラスはモデルライフが7〜8年なので、登場から4年が経過したちょうど折り返し地点で大がかりな手直しが施されるというのは当初の計画通りだろう。邪推をすれば、パリ・サロンではライバルのBMW 3シリーズがフルモデルチェンジを果たしたばかりであり、今回のCクラスのマイナーチェンジのタイミングはそれをまったく意識していないはずはないとも思ったりする。

新型はLEDハイパフォーマンスヘッドライト を標準装備。またオプション(上級グレード には標準)でマルチハイビームLEDヘッドラ イト(ウルトラハイビーム付)も用意する。

6500カ所の改良点は目に見えない部分がほとんどで、エクステリアでは前後の意匠が若干刷新された程度。Cクラスのデザインは依然として好評なようで、あえていじる必要もなかったのだろう。インテリアも、中央の液晶モニターが10・25インチに拡大された他に目立った変更はない。最近のメルセデスはナビ画面とメーターパネルを1枚の“板”にしてそれをダッシュボードに立てかけるやり方が主流となっている。それと比べると、ダッシュボードをくり抜いた“穴”の中にメーターパネルが見える光景はもはや古臭い感じすらしてしまう。

インテリアには12.3インチのCクラス専用デザイン「コクピットディスプレイ」のほか、ダッシュボード中央にはワイドディスプレイを装備。またSクラス と同じ機能のタッチコントロールボタン付きのマルチファンクションステアリングホイールを装着する。

 

リポート:渡辺慎太郎/フォト:郡 大二郎/ル・ボラン 2018年12月号より転載

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる