注目の都市型クロスオーバー【LEXUS UX】いよいよデビュー!

萩原充
AUTHOR
2018/11/27 13:35

都市生活にジャスト!

レクサスインターナショナルは11月27日、かねてより話題となっていたコンパクトクロスオーバーの新型UX(ユーエックス)の発売を開始した。このUXが掲げた「Creative Urban Explorer」とは、新たなライフスタイルを探求する「きっかけ」=「CUE」になぞらえたコンセプトとのこと。全長4495×全幅1840×全高1540mmというコンパクトボディは、レクサス「GA-Cプラットフォーム」の採用に加え、レーザースクリューウェルディングや構造用接着剤の拡大採用などで高剛性化と軽量化、低重心化をハイレベルで実現している。

加えて、振動を抑制するフリクションコントロールデバイスをダンパーに追加したサスペンション(前ストラット:後ダブルウィッシュボーン)および電動パワーステアリング、アッパーマウントとステアリング機構へのブレースの追加といった新開発機構との相乗効果で優れた躁舵応答性と操縦安定性を手に入れている。

大胆なイメージのエクステリアデザインは、上部にアローヘッド形状のクリアランスライトを配したフロントの三眼LEDヘッドライトが精悍な表情をつくりだし、スピンドルグリルからフェンダーアーチ、サイドに刻まれたふたつのキャラクターラインを経たリアコンビライトに至るまで、立体的な造形を与えることでタフでスタイリッシュなキャラクターを強調している。

一方のインテリアは、スポーティな走りを予感させるややタイトで低いドライビングポジションのコクピットでありながら、視覚的な開放感を両立。

チーフデザイナーの三木鉄雄氏によれば、インパネの上部とフロントフードのフェンダーが連続するような、「内と外の境界を曖昧にする日本の建築思想に着想を得た」造形によって、タイヤの位置が把握しやすく見晴らしのいいキャビンを実現しているとのこと。

搭載パワートレインは、最高出力174psと最大トルク209Nmを発揮する2リッター直列4気筒直噴エンジンに発進用ギアを備えた無段変速機「Direct Shift-CVT」を組み合わせた前輪駆動(UX200)。

同型「M20A-FXS」直噴エンジンに80ps/202Nmの電気モーターとニッケル水素電池を組み合わせた新開発ハイブリッド(UX250h)をラインナップ。なお、ハイブリッド仕様にはモーター駆動で前後輪の駆動力配分が最適化できる、AWDシステム「E-Four」搭載モデルも用意。

https://youtu.be/ld9LanN1GRw

 

昼間の自転車や夜間の歩行者も検知できる「プリクラッシュセーフティ」や前車追従型「レーダークルーズコントロール」、同一車線中央を走るよう躁舵を支援する「レーントレーシングアシスト」、「アダプティブハイビーム」や道路標識を読み取ってヘッドアップディスプレイに表示する「ロードサインアシスト(RSA)」などの、単眼カメラとミリ波レーダーを使った予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」の機能が進化。LEDコーナリングランプを標準装備するとともに、ベースモデル以上のグレードには、「パーキングサポートブレーキ」や「ブラインドスポットモニター」も装備している。

新型UXは、前述の「Lexus Safety System+」を標準装備したベースモデルから、快適性を高めた「version C」とラグジュアリーな「version L」、スポーティな専用装備の「F SPORT」をラインナップ。税込車両本体格は、「UX200」が3,900,000から4,740,000円、ハイブリッドのUX250hは、前輪駆動仕様が4,250,000から5,090,000円。AWD仕様は4,510,000から5,350,000円となる。

レクサス https://lexus.jp/

フォト:小林俊樹 T.Kobayashi

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる