「トヨタ・パッソ」がアップデート!

AUTHOR
2018/10/11 15:00

スマートアシストⅢの採用など安全性が向上

トヨタはコンパクトカーの「パッソ」にマイナーチェンジを実施し、10月10日に発売した。消費税込みの車両本体価格は「X」シリーズが117万7200円〜164万7000円、「MODA」シリーズが153万3600円〜186万8400円となっている。

新型パッソMODA“Gパッケージ”

スマートかつ上質な装いのMODAシリーズは、大開口のフロントグリルやL字型フォグランプベゼルを採用してワイド感を強調しつつ、大胆かつ上質な印象を高めている。

新型パッソMODA“Gパッケージ”ドレスアップパッケージ

MODA“Gパッケージ”にはさらに、15インチアルミホイールやフォグランプベゼルに配したLEDイルミネーション、合成皮革+ファブリックシート、本革巻きシフトノブをセットにしたドレスアップパッケージが新たに設定された。

新型パッソX“LパッケージS”

一方、Xシリーズはフロントグリル上部に添えたシルバー塗装のアクセントでシンプルかつシャープな印象を高めている。

安全面での進化も新型の特徴だ。歩行者も検知する衝突回避支援ブレーキや、夜間での歩行者の早期発見に貢献するオートハイビームなどで構成する衝突回避支援システムの「スマートアシストⅢ」と、前後方向の障害物を検知するコーナーセンサーを標準装備。さらに、自車を真上から見ているように周辺映像をナビ画面に表示するパノラミックビュー対応ナビレディパッケージが設定されている。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる