ジャガーが「XJ」の50周年を記念した“パリ・ツアー”を実施

AUTHOR
2018/10/03 20:30

歴代モデルが生産工場からパリまで839kmをコンボイ

ジャガー・ランドローバーは、10月2日に開幕したパリ・モーターショー会場に向けて今年で初代の誕生から50周年を迎えたジャガーのフラッグシップサルーン「XJ」の歴代モデルによるコンボイツアーを実施した。

 

ジャガーXJの初代モデル「シリーズⅠ」は、1968年に開催されたパリ・モーターショーで世界初公開された。それから50年の時を経て、2018年の同ショーで最新モデルとなる50周年記念車「ジャガーXJ50」が披露されることになる。

XJの歴代モデルたちで構成されるこのコンボイツアーは、XJが生産される英国キャッスル・ブロムウィッチをスタートした後、ジャガー・クラシックやビスター・ヘリテージセンター、グッドウッド、ル・マン・サーキットといったゆかりの地を巡り、パリ・モーターショー会場にゴールする予定。その行程は839kmにおよぶという。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!