2022年のアルファ・ロメオはどうなる!?【嶋田智之の月刊イタフラ】

嶋田智之
AUTHOR
2018/06/04 19:00

この先5年も目が離せない展開!

 何っ? 8Cだって? GTVだって? これから数年のアルファ・ロメオ、めちゃめちゃオモシロイことになりそうじゃん!

……と、欧州の同業の友人が送ってくれたファイルを見て、僕は小躍りした。オヤジの小躍りなんてものは考えてみたらちっとも美しいモノじゃないし、できれば見たくもないわけだが、そのファイルにはきっと美しく生まれてくるだろうクルマの名前が、できれば1日でも早く見たいと思わせられるクルマの名前が、しっかりと書かれていたのだ。

 その“ファイル”とは何か。6月1日にアルファ・ロメオの聖地であるバロッコで行われたFCAグループの投資家向けイベントが行われたのだが、そこで発表されたアルファ・ロメオ・ブランドの今後5年間の計画について記されたもの、である。つまり、ガセじゃない。

 2018年現在のアルファ・ロメオのラインナップは、Bセグメントにミト、Cセグメントにジュリエッタ、Dセグメントにジュリアとステルヴィオ、そしてEセグメントには何もなく、スペシャルティとして4Cクーペと4Cスパイダー、である。それが2022年にはどうなっているのか──。

 まず、Bセグメントには何もない。ミトは廃止! とアナウンスがあったわけではないようだが、以前から小さなアルファ・ロメオは今後は作らないと公言されていたから、やはりその方向なのだろう。愛らしくハンドリングの楽しいミトが欲しいなら、そろそろラスト・ミニッツ! である。

 興味深いのは、おそらくこれも廃止なのでは? と見られていたジュリエッタが、ラインナップに残されていることだ。現行ジュリエッタのデビューが2010年で、すでにモデル末期となっていることから、これはフルモデルチェンジ版と見ていいだろう。ひと頃、ジュリエッタの後輪駆動化がウワサされたこともあったが、第4世代目となるジュリエッタはCセグメントとして貴重なFRのスポーティ・モデルに生まれ変わるのかどうか、興味津々だ。

 ジュリアとステルヴィオに関しては、それぞれデビューが2015年と2016年だから、2022年にラインナップされているのがマイナーチェンジ版なのかフルモデルチェンジ版なのか、ちょっと微妙なところだ。が、どちらにもロングホイールベース仕様が追加されることはアナウンスされている。それはショファードリブンの多い中国市場を睨んでのもの、ということだ。

 そして、Cセグメントの欄には“C UV”、Eセグメントの欄には“E UV”という文字が記されている。つまりステルヴィオより小さなSUVと大きなSUVの2種が追加になる、ということだ。いうまでもなく、世界的なSUVブームとステルヴィオの好調を受けての強化。おそらくステルヴィオ同様、走らせる楽しさの濃いSUVとなるだろうことは簡単予想できるが、果たしてスタイリング・デザインがステルヴィオの大中小になってしまうのかどうか、そこが気掛かりだ。ボルボもXC90、XC60、XC40とSUV大中小をラインナップさせているが、それなりに似て異なるモデルに仕立て上げている。さらにスタイリストであることを求める傾向の強いアルファ・ロメオのファンは、おそらくもっと似て異なるモデルであることを望むはずだ。そこは命運を分けるひとつの鍵になることだろう。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧