トヨタ「オーリス」後継モデルを捉えた! 新型コックピットも激写だ!!

2018/02/01 19:30

トヨタのグローバルCセグメントハッチバック「オーリス」の後継モデルが、これまで以上に接近した状態で捉えられた。しかも今回は初めてその新型コックピットの撮影にまで成功している。

まずは気になる新型コックピットだが、ダッシュボードのセンターはドライバー側に向けて傾斜が付けられており、スイッチ類は直感的な操作が可能な位置に配置されている。シフトノブは現行モデルより下の方へ移動して大型化されていることが判明。恐らくメーター内には高精細の大型7インチカラー液晶画面が搭載されているはずである。また、外観では3眼フルLEDヘッドライトやテールライトの一部が確認できる。

トヨタ「オーリス」次期型はトヨタ新世代プラットフォーム「TNGA」を採用し、ホイールベースの延長によって居住性をアップさせているほか、リアクォーターガラスを廃止。Cピラーを寝かせることでスポーティなデザインが採用されているのも特徴的だ。

パワートレインは「C-HR」と同じ1.2リッター直4ターボ、1.8リッター直4+モーターのハイブリッドが予想されており、最高出力260psを発揮する「GT」モデル設定もありうるという。

2018年秋以降のワールドプレミアとなりそうだ。

Courtesy of Apollo News Service

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

ル・ボラン 毎月26日発売
閉じる