日産「スカイライン」の60年、全モデルを写真で振り返る⑤

2017/04/23 18:50

日産のスポーツセダン「スカイライン」が、2017年で生誕60周年を迎えた。初代スカイラインは1957年4月24日、「長い道のりを気持ちよく走る、グランドツーリングの歓びを高次元で体験できるクルマ」を目指して誕生。以来、その価値は、それぞれの時代の最先端技術を搭載して常に新しい世代へと受け継がれてきた。

 

そこで当サイトでは、5回に分けて、歴代スカイラインを写真を中心に振り返ってみたい。その最終回となる今回は、2000年代後半~2010年代前半に発売が開始された第12代~13代目(現行モデル)についてまとめた。

 

欧米プレミアムブランドに戦いを挑む

 

V36-061120-47-source

12代目 ニッサン・スカイライン 350GT タイプSP (V36型)2006年~

 

スポーティかつ躍動感あふれるエクステリアの採用と、定評のあるFMパッケージを踏襲しつつサスペンションを刷新、その上で新世代FR-Lプラットフォームを採用。そこに吸排気システムなどをリファインしたFR車専用の新開発V6エンジンを搭載して登場したのがV36型。キャッチコピーは「日本のクルマに、ときめきが帰ってくる」。フルモデルチェンジが好評だったV35のコンセプトを保ちつつ、北米市場を意識したエクステリアが採用された。イチローや渡辺謙がCMに起用されたことも話題となった。

 

北米市場を重視したことから、ボディの高剛性化・低振動化が進められ、スカイラインらしいドライビングプレジャーに加え、乗員にとって快適な乗り心地も同時に実現。レッドレザーを採用した55周年アニバーサリーモデルも発売された。SUVの「スカイライン・クロスオーバー」が追加されたのも、このV36が初めてだった。

 

 

V37-131111-10-1200x800

13代目 ニッサン・スカイライン 350GTハイブリッド(V37型)2013年~

 

現行モデルであるV37型は、北米では2013年9月に、日本では同年11月に発表された。歴代スカイラインの中では最も高級感を意識した内外装を採用しており、このあたりは海外向け高級ブランド「インフィニティ」で培ったノウハウが投入されたといえそうだ。その証として同ブランドのバッジがボディにも装着されている。

 

トピックとしては、燃費よりもパフォーマンスを重視したハイブリッドモデルの投入が挙げられよう。これはいつの時代も最先端を目指すスポーツセダン、スカイラインらしい選択といえるかもしれない。また2016年11月には、生誕60周年を記念するアニバーサリーモデルが追加された。

 

デビューから60年を迎えてなお、世界中のマーケットで現役を張り続けるスカイライン。これからも70年、80年、そして100年まで、走り続けてほしい日本の名車である。

 

 

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!

おすすめ記事一覧