「ポルシェ・カイエンGTS」で辿る、「タルガ・フローリオ」の道

全ての画像を見る

マドニエの険しい山々を縫う狭い峠道、絵のように美しい村々を並んで駆ける、2台の「カイエンGTS」

ポルシェは11回の総合優勝でによって、かつて伊シチリア島で行われていた公道自動車レース「タルガ・フローリオ」で最も成功したブランドとして、ベンチマークを確立している。

このシチリア島の伝説的なラリーで「904カレラGTS」が勝利してから60年、「マカン」と「カイエン」のスポークスマンであるベン・ワインバーガー氏は、かつて世界で最も伝説的なロードレースだった道路を巡るタイムトラベルに出発した。

最初の太陽の光がフロントガラスからどんどん高く差し込み、風景を暖かい光で包む。目の前には、マドニエの険しい山々を縫う伝説のアスファルトのリボン、タルガ・フローリオの歴史的なコースがある。後ろでは風がティレニア海を吹き抜け、波を海岸に打ち付ける。地中海のこの地点はコルシカ島、サルデーニャ島、シチリア島の3つの島の間に三角形を形成している。

この朝、2台の「カイエンGTS」、カーマインレッドのSUVとカラーラホワイトメタリックのSUVクーペが歴史的な背景の前に並んだ。フロリオポリのグランドスタンドは静かで、時の荒廃が古い壁を蝕んでいる。漆喰は崩れ、広告の文字はますます色褪せている。

ある人にとっては、チェルダに近いこの直線が長く延びる地点は、タルガ・フローリオの中心地として記憶されているだろう。かつてレースがスタートしてゴールした場所で、目を閉じて昔のモータースポーツの伝説を思い出す人には、歴史的なラリーの雰囲気がいまだ生き生きと感じられるはずだ。

【写真27枚】急な上り坂と下り坂が、車両とドライバーを追い込む! 

現在に戻って、デジタル補助を活用した旅に出よう。ほかの無数の夢のツアーに加えて「ROADS by Porsche」ルートプランナーアプリには、タルガ・フローリオも含まれている。短い歴史的概要があり、ルートはApple CarPlayまたはAndroid Autoを介してポルシェコミュニケーションマネジメント(PCM)の12.3インチ画面に転送できる。

こうして絵のように美しい村々を通り、狭い峠を越え、無数のジグザグ道を抜ける旅が始まる。左右には密林と羊の牧草地が続き、オリーブの木と糸杉が道沿いに並んでいる。風景は荒々しく、ほとんどが手つかずのままだ。

1906年から1977年までドライバーやファンを魅了した、挑戦的な山道と息を呑むような景色が混在するこの場所。ここ数年はもはや世界スポーツカー選手権レースではないが。1kmごとに努力、スピードと完璧さへのたゆまぬ追求、そしてポルシェの場合は名声の物語が語られる。

タルガ・フローリオでの総合優勝60年:カーブの王者を振り返る
7:10:53.300。7時間10分53秒、そして絶対的な限界での瞬き2回。地元の人気チーム、アントニオ・プッチ男爵とコリン・デイビスがタルガ・フローリオで優勝したのは、60年前のことだった。

1964年4月26日、彼らはシルバーの「ポルシェ904カレラ GTSクーペ」で、同じく4気筒モデルで参戦した2位のチームメイト、ジャンニ・バルツァリーニとヘルベルト・リンゲに13分以上差をつけてフィニッシュラインを通過した。

その時点で、86号車に乗ったイタリアとイギリスのワークスチームは、問題の日曜日に10周を走り、総距離720kmをカバーしていた。その過程で、彼らは平均時速100kmで約8,000のカーブを通り抜けたという。

コースは、シチリア島北部の山脈、マドニエを反時計回りに走るもの。 8気筒ボクサーエンジンと240PSを搭載した904カレラGTSを駆り、エドガー・バルトとウンベルト・マリオーリは、1964年のタルガ・フローリオのプロトタイプクラスで優勝。ポルシェが1-2フィニッシュを飾った。

10年後、安全上の理由から、このレースは世界スポーツカー選手権シリーズから除外された。それから今日まで、タルガ・フローリオはラリーイベントとして開催されており、依然としてオリジナルのルートに大きく依存している。

「タルガ・フローリオ ヒストリック レギュラリティ ラリー」は、スピードではなく均一性が重要なレースだ。しかしこのイベントの現代的な解釈は、かつてのロードレースの伝統と精神を、生き生きとそのままに保っている。

スピード、持久力、スキルのテスト
2台のカイエンGTSによる今回の旅では、今日のツアー中にドライバーの限界まで運転することは考えられない。1964年の総合優勝者の子孫と一緒に、現在に過去を体験するだけで十分だ。伝説のタルガ・フローリオのルートをたどるということは、時間との競争で1周あたり800のターンを制覇するとはどういうことかを想像することを意味するのだ。

急な上り坂と急な下り坂が、車両とドライバーの両方を限界まで追い込んだ様子を思い浮かべてほしい。 1906年にヴィンチェンツォ・フローリオ伯爵によって創設されて以来、タルガ・フローリオはスピードだけでなく、人間とマシンの耐久性とスキルのテストともみなされてきた。

60年前に総合優勝を果たしたこのレースで歴史に名を残したのは、ミッドエンジンとグラスファイバー強化プラスチック製のボディを備えた2人乗りクーペだけでなく、「グランツーリスモ スポーツ」というコンセプトでもあった。

「GTS」という頭字語は、当初は純血種のレーシングカーの快適性の向上を意味していたが、やがて通常の高い快適性を備えたスポーツ性の向上を意味するようになった。1980年代と90年代には、924と「928」のスポーツカー モデルが独自の「GTS」バージョンにアップグレードされ、その後ポルシェはこの印象的な文字を廃止した。

今日のポルシェのGTSモデルのインスピレーションは、スポーツカーメーカー初のSUVから来ているという。最初のカイエンGTSは、2007年にフランクフルトで開催された「IAA」で発表された。吸気口を改良した298kW(405PS)のV8エンジンと、6速マニュアルトランスミッションを搭載。シャーシの最適化により、縦方向と横方向のダイナミクスが大幅に向上した。

印象的な外観とざらついたV8サウンドは、いまでも懐かしく思い出される。カイエンGTSの成功により、ポルシェはコンセプトをほかのモデルにも拡大した。現在、各シリーズには少なくとも1つのGTSバリエーションがあり、クラシックな内燃エンジン モデルと完全電動の「タイカン」に当てはまる。

コーナー、文化、石畳
地中海最大の島のジグザグ道を、時間に追われることなく、道路の端で応援する観客もいない中、新型カイエンGTSを運転しながら、標準装備のエアサスペンションと10mm低いシャーシが、高い快適性とダイナミックな精度の両方を実現する、完璧な基盤を形成してくれる。

「ポルシェ アクティブ サスペンション マネジメント(PASM)」のアダプティブ ショックアブソーバーと革新的な2バルブテクノロジーは、非常に変化に富んだアスファルトの無数の凹凸から乗員を効果的に保護する。同時にオフロード対応のこのSUVは、チェルダとカルタヴトゥーロの間のあらゆるコーナーでダイナミックなスポーツカーでもあることを証明する。

フロント アクスルのステアリング ナックルが大きな貢献を果たし、ほとんどのカイエンモデルと比較して、ホイールのネガティブ キャンバーが0.58度増加する。

その結果、驚くほどダイレクトなコーナリング挙動と並外れた横方向のダイナミクスが実現し、Racetexで覆われたGTスポーツ ステアリング ホイールでそれを体験できる。標準装備のポルシェ トルク ベクトリング プラス(PTV Plus)により、走行安定性がさらに向上する。

おそらく世界で最も壮観な耐久レースのコースをたどるなら、ポリッツィ通りを見逃してはいけない。タルガ・フローリオで最も印象的なカーブの1つが、パレルモの東70kmにあるコッレザーノでドライバーを待っている。ヘアピンカーブは、かつて観客がレーサーを応援していた急な斜面に囲まれた古い建物の周りを回っている。

カラフルな壁のタイルで知られるこの村には、4,000人弱の住民が住んでいる。多くの場所で、これらの芸術作品はタルガ フローリオで最も重要な勝利とドライバーを思い起こさせる。市庁舎は、絵のように美しい石畳のヴィットーリオ エマヌエーレ通りにあり、その右側に「タルガ・フローリオ博物館」の入口がある。

背景にはモンテクッコロがそびえ立つ。小さいながらも素晴らしいこの博物館には、長距離レースに関する写真や多くの文書、記念品、宗教的品々の素晴らしいコレクションが収蔵されている。この博物館や道路脇の無数の案内板を見ると、タルガ・フローリオのルートはその歴史の中で何度も変更され、現在は3つに分かれていることがわかる。

72kmのサーキット「ピッコロ サーキット デッレ マドニエ」は最も短いが、最も頻繁に走行されているコースだ。108kmの「サーキット メディオ」と148kmの「サーキット グランデ」も、ぜひ試してみる価値があるだろう。後者は、岩山の上にある小さな町ペトラリア ソッターナを通る。

ここは1964年のラリーの優勝者、プッチ男爵の出身地だ。歴史的なファサードが並ぶ狭い通りで、エスプレッソとピスタチオ アイスクリームを楽しむには最高の時間となるだろう。

過去と現在の共生
新しいカイエンGTSでタルガ・フローリオの歴史的なルートを走ると、モーター レースの過去と現代の技術的可能性が融合したような気分に浸れるだろう。シチリア島の印象的な風景が、ポルシェの現代的なエンジニアリングの才覚と融合する。

カイエンGTSは、その長所をフルに活用する。特にスポーティなサスペンションに加えて、排気量4Lの8気筒ツインターボ エンジンも重要な特徴だ。徹底的なアップグレードにより、現在368kWのV8エンジンは、さらに効率的でパワフルになっている。

数え切れないほどのヘアピンカーブから加速するのは、本当に楽しい。660Nmのトルク、改良された8速ティプトロニックSの短い反応時間とシフト時間、標準装備のスポーツ エグゾースト システムによるV8の感動的な演奏が、純粋なGTS感覚を生み出す。

カイエンのドライブトレインが、シチリア島の曲がりくねった山道やサーキットで、スポーティな運転スタイルでも常に「クール」な状態を保つよう、全輪駆動のトランスファー ケースには専用の水冷回路が装備されている。

マドニエ山脈の険しい岩山が、ドラマチックで常に変化する背景をドライバーに提供する。突然景色が開け、遠くに輝く海の景色が広がる。フロリオポリ グランドスタンドに戻る前に、カンポフェリーチェ・ディ・ロッチェッラの外で、久しぶりの最初のストレートが開けてゆく。

タルガ・フローリオを走るクルマは、海岸沿いに6km走るブオンフォルネッロのロング・ストレートで最高速度に達する。新型カイエンGTSが時速275kmで到達できるにも関わらず、2車線のスーパーストラーダは現代の時速70kmの制限速度を守り、ゆったりとしたスタイルでシチリアの旅を楽しんだ。

最後に、このロード・トリップはタルガ・フローリオの輝かしい過去へのトリビュートであるだけではない。走行する1kmごとに、歴史を築いたドライバーとのつながりを感じながら、新型カイエンGTSを例にとると、歴史的なカーブをダイナミックなパフォーマンスと精度だけでなく、並外れた快適さとリラックス感で走行できるようにする技術革新についても考える。

まさにグランツーリスモ・スポーツの定義だ。タルガ・フローリオは物語の中だけでなく、ルートを実際に体験したすべての人々の中で生き続けるだろう。

関連中古車物件情報

注目の記事

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!