【スクープ】アストンマーティンのV12搭載新型スーパースポーツに「ヴァンキッシュ」の名前が6年ぶり復活へ!

全ての画像を見る

自社設計となる最高出力770ps、最大トルク900Nmを発生するV12を搭載

アストンマーティンは現在、「DBS」の後継モデルとなる新型スーパースポーツを開発中だが、そのプロトタイプをカメラが捉えるとともに、車名やスペックの最新情報を入手した。

入手した情報によると、DBS後継モデルには「ヴァンキッシュ」の名称が復活することが99%濃厚で、DBS最後の「770 Ultimate」より65ps以上もの出力を得るということだ。

【画像21枚】アストンマーティンから復活する「ヴァンキッシュ」のスクープショットを見る

初代「V12ヴァンキッシュ」は2001年に登場した2ドアクーペだ。2代目は2012年から2018年まで製造、6年振りの復活となる。しかし、新型は2019年の「ヴァンキッシュ・ビジョン・コンセプト」で約束されたミッドシップ・エンジンのスーパーカーではない。これは、オリジナルの1999クーペを原型とした伝統的なグランドツアラーとなる。今回のスパイショットは、アストンの研究開発チームが今夏の発売に先立ち、ニュルブルクリンクのテスト基地での走行テストを捉えたものだ。

捉えたプロトタイプはカモフラージュがかなり削ぎ落とされ、急勾配のGTライン、巨大なオープングリル、巨大なブレーキ、リ ディフューザーを確認することができる。またボンネットカバーにはパネルが追加されており、その下に隠れているモンスターエンジンの冷却用通気口となるはずだ。後部には、V12エンジンサウンドを奏でる量産型のクワッドキゾーストパイプが初めてインストールされているほか、トランクリッドスポイラーも量産型とみていいだろう。

新ヴァンキッシュの基本的プラットフォームとボディは、新しいDB12と共有されるが、DB12には、最高出力680ps、最大トルク800Nmを発揮するメルセデスAMG製の4.0L V8 エンジンのみが搭載されている。一方、新型ヴァンキッシュは、DBS770 Ultimateに搭載された最高出力770ps、最大トルク900Nmを発揮するアストン設計のV12を搭載する。

しかし、新ヴァンキッシュでは、包括的にオーバーホールされており、アストンは「内燃プロセスのあらゆる段階を改良」し、強化されたブロックとコンロッド、再設計されたシリンダーヘッド、再プロファイルされたカムシャフト、高流量インジェクター、新しいターボチャージャーを追加した」と主張、その結果最高出力は835ps、最大トルクは1,000Nmへと向上するという。

ヴァンキッシュ新型のワールドプレミアは、最速で今夏。アストンマーティンの新たなV12時代が始まる。

関連中古車物件情報

注目の記事

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!