【スクープ】アルファロメオのフラッグシップSUV「ステルヴィオ」の後継モデルは最高出力800psのEVに!? その最終デザインを大予想!

全ての画像を見る

フロントエンドの両サイトにスリムな3連LEDデイタイムランニングライトを配置

アルファロメオのフラッグシップ・クロスオーバーSUV「ステルヴィオ」後継モデルに関する情報を入手、その最終デザインを予想プレビューしよう。

【画像5枚】アルファロメオの電動SUV「ステルヴィオ」後継モデルの予想CGを見る

初代である現行型ステルヴィオは、2016年のロサンゼルスモーターショーで初公開された。同ブランドにとって初のプレミアムSUVであり、ニュルで「世界最速の量産4ドアセダン」にも輝いた、「ジュリア」のアーキテクチャDNAを受け継いでいる。

アルファの製品責任者ダニエル・グザファメ氏は昨年、現行型ステルヴィオの電動化に投資はせず、後継モデルをフルエレクトリック化することを示唆。アルファロメオはすでに2027年から電気自動車のみを販売することを認めているため、後継モデルが電気自動車のみのパワートレインとなることは想像に難くない。後継モデルでは、現行型のスタイリングを維持、親会社ステランティスのSTLAラージ・プラットフォームを採用するとみられる。

お馴染みグラフィック・アーティストのTheottle氏から協力を得た予想CGだが、フロントエンドの両サイトにスリムな3連LEDデイタイムランニングライトを配置、その下にメインライトユニットを装備している。逆三角形のブランドグリルはコンパクトになり、キメの細かいメッシュパターンを装備、下部グリルは左右が繋がり大型化されている。

リアエンドは、逆L字のLEDテールライトを採用するなど、マセラティ「グレカーレ」の形状とフットプリントに、アルファロメオ新型SUV「ジュニア」のデザインを融合させたイメージだ。

市販型では、上位モデルに1000kWhクラスの大型バッテリーを採用、700km以上の航続距離を目指し開発が進んでおり、最大800ps程度のパワーも噂されている。

ブランドのフラッグシップSUVであるステルヴィオ後継モデルの登場は、2026年に計画されている。

関連中古車物件情報

注目の記事

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!