【スクープ】三菱「エクリプス」が日産「Z」と兄弟モデルとなって復活の噂が!? そのスタイルを大予想!

全ての画像を見る

電動パワートレイン搭載の可能性も?

三菱が過去に発売していた2ドアクーペ、『エクリプス』復活の噂を入手、その予想CGが制作された。

【画像4枚】復活が噂されている「三菱エクリプス」の予想CGを見る

初代エクリプスは、1989年に発売。当時人気を博していたマツダ「サバンナRX-7」、日産「300ZX」、トヨタ「スープラ」など強力なライバルひしめく市場に参入、第2世代では、クライスラー社との緊密な関係の中で開発された。以降4世代にわたり2012年まで販売された後、2017年にクロスオーバーSUVで「エクリプス」名を復活させた。しかし、ついにクーペが復活プロジェクトが動き出した可能性があるという。

三菱は現在、日産、ルノー、その他のブランドを含む大規模なコングロマリット(複合企業)の一社となっている。エクリプス後継モデルでは、ルノー・日産・三菱アライアンスのプラットフォーム共有により、日産Zを支えるRWプラットフォームを流用、兄弟モデルとなると噂されている。

第5世代の予想CGでは、明らかにに新型Zのデザインに基づいていることがわかる。またヘッドライトとグリルは、最近発表された三菱「XFC コンセプト」にインスパイアされているようだ。さらに後部ではT字型LEDテールライトを装備、どうやらXFC コンセプトと多くのコンポーネントを共有すると予想されている。

復活するとなれば、パワートレインは、日産Zの3.0L V型6気筒ターボエンジンを流用、9速オートマチックギアボックスと組み合わされる可能性もあるだろう。ただし最新情報では電動パワートレインを使用する可能性もあるという。

関連中古車物件情報

注目の記事

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!