【スクープ】メルセデスベンツのEVミニバン『EQV』が初の大幅改良へ!前後デザイン&内部も激写

全ての画像を見る

フロントまわりのデザインを刷新!

メルセデスベンツは現在、フルエレクトリック・ミニバン『EQV』改良新型に着手しているが、その市販型プロトタイプをスクープサイト「Spyder7」のカメラが初めて捉えた。

【画像25枚】改良版EQVの内外装ギャラリーはコチラ

EQVは2020年に発売されたEVであり、同社のICEミニバン「Vクラス」のエレクトリックバージョンとなっている。「EQ」ブランドでは2019年に登場した「EQC」に続く第2のモデルで、EQVにとってこれが初の大幅改良となる。

捉えたプロトタイプは、ボディ前後を中心にカモフラージュ。フロントエンドでは、ヘッドライトがより角度のあるアウトライン(輪郭)になっているように見えるほか、内部LEDデイタイムランニングライトを新設計しているようだ。またグリル、エアインテークを含むフロントバンパーも刷新されていることが濃厚だろう。後部では、テールライトが現行型と同じように見えるが、よく見るとグラフィックが変更されているほか、テールゲート、リアバンパーがリフレッシュされる見込みだ。

激写したキャビン内は、ファブリックカバーで完全に隠されているが、現行型の円形ではなく新しい長方形のレジスターが一部露出している。またデジタルインストルメントクラスターに加え、より大型のタッチスクリーンと、最新のMBUXソフトウェアを備えた新インフォテイメントシステムを提供してくれるよ思われる。

現行型EVスペックは、最高出力204ps、最大トルク362Nmを発揮するシングルモーターを搭載、60kWhのバッテリーを積む「EQV250」と、90kWhのバッテリーを積む「EQV300」をラインアップ。後続は231km(144マイル)〜356km(221マイル)となっており、ボディは5.14mの「ロング」と、5.37mの「エクストラロング」がラインアップされている。改良新型では、より大型のバッテリーの導入や、航続距離が向上する可能性があるだろう。

EQV改良新型のワールドプレミアは、2023年内と予想される。

関連中古車物件情報

注目の記事

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!