【新型ジムニーカスタム大特集】ワンオフのオーバーフェンダーで迫力を演出、乗りやすさと走破性を両立したトップフラッグのジムニーカスタム【ジムニー天国2022】

全ての画像を見る

タイヤサイズアップで迫力を演出、もちろん普段使いでも大活躍

キャンプ人気の高まりとともに、ジムニーでキャンプを楽しみたいというユーザーが増加しており、本誌で取り上げているカスタムジムニーの多くもキャンプを楽しむユーザーを意識した仕様となっている。

【写真9枚】ワンオフのオーバーフェンダーが特徴的なトップフラッグのジムニーを写真で見る

愛知県豊田市のトップフラッグが制作したこのJB74も、そんなユーザーのニーズを受けてアウトドアを意識したモディファイが施されている。

足まわりは普段使いをメインと考えて構成。サスペンションはタニグチの60mmアップキットをチョイスし、リーディング、トレーリングアームは同店オリジナルのものを採用。強化メンバー(サクソン)やタワーバー(クスコ)も追加することで、頼りない印象だったノーマルの足まわり、車体の剛性感がアップ。良好な操安性は、走る楽しさをより掻き立ててくれるだろう。

タイヤサイズのアップに伴い、タイヤの出幅をワンオフのラバーフェンダーで合わせた。

吸排気系の見直しによってパワーフィール、レスポンスが向上。ブレーキシステムはモンスタースポーツを採用。強力かつ正確なブレーキングがドライバビリティのさらなる向上に貢献する。ホイールサイズは16インチ/6Jにアップし、ワンオフのラバーフェンダーによってタイヤの出幅を調整。これらによってオフローダーらしい力強い印象のアピアランスを作り出している。

アルミ製で軽量なショウワガレージ性ルーフラック(A-X)を採用。サイズはMスーパーワイド。

アウトドアでの使い勝手を高めるため、ルーフラックはショウワガレージのA-X(Mスーパーワイド)を採用。ルーフへのアクセスはラダーではなくOGBマルチステップを採用し、スッキリとしたリアビューを作り出した。

「乗りやすさと走破性、なにより楽しく走れることを重視しつつ、見た目も考えて製作したクルマです。この状態をベースに、より走りに振った仕様の製作も可能です」(トップフラッグ代表・山田肇氏)。

SHOP’s VOICE

当店ではクルマの販売やカスタムだけではなく、4WDでキャンプやアウトドアを楽しむイベントも行っています。オーナーさんだけではなく、ご家族、ご友人も一緒に楽しみましょう。ぜひお越しください。

トップフラッグ ☎0565-37-8228 http://top-flag.com/

ジムニー天国2022より転載

関連中古車物件情報

注目の記事

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!