【スクープ】ホンダ シビック タイプR新型、電動化されない最後のモデルになるのか……センター3本出し排気口インサート完了!

2021/08/31 09:00

ワールドプレミアは2021年内と予想

ホンダは6月24日、主力モデル『シビック ハッチバック』新型を発表したが、そのハードコアモデルとなる「シビック タイプR」新型の最新プロトタイプ2台を、スクープサイト「Spyder 7」のカメラが捉えた。

新型タイプRは、ベースとなるハッチバックから引き継がれたファストバックスタイルの5ドアボディのみ提供される予定だ。昨年5月以来、1年以上ぶりに南ヨーロッパで捉えた最新プロトタイプは、どちらも生産ボディが渦巻き状のラッピングと多数のクラッディングで覆われているが、フロントエンドにはメッシュグリル、LEDデイタイムランニングライト備えるスリムなヘッドライト、ボンネットにはエアスクープも確認できる。

サイドではフェンダー部分を厳重にカモフラージュ、1台のドアハンドル上部には分厚い膨らみを持っており謎だ。足回りでは20インチの大径ホイール、レッドブレーキキャリパーを装着していることがわかる。

そして前回のプロトタイプと最大の違いは後部だ。大型リアウィングはそのままだが、エキゾーストパイプがセンター3本出しのレイアウトに変更されており、先代モデルでは3本のうち中央が大径だったが、新型では両サイドが大径となっている。

新型では、6速マニュアギアボックスとリミテッドスリップデフを備えた前輪駆動レイアウトを維持、注目のパワートレインは2.0L直列4気筒ターボチャージャーエンジンを搭載、ハイブリッドではない最後のタイプRになると予想されている。先代の最高出力は310ps、最大トルク400Nmを発揮したがそれを超えてくることは間違いなく、パワーの増加に加え、堅いシャーシと新開発のサスペンションセットアップを採用、より強力なブレーキ、電子制御のアクティブサスペンション、フロントアクスルに適切なリミテッドスリップデフを装備する。

キャビン内では、ベースとなるシビック ハッチバック同様に、タブレットのようなフローティングタッチスクリーンを搭載、多数の赤いアクセントも見られるはずだ。シビック タイプR新型のワールドプレミアは2021年内と予想される。

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!