その乗り味はまさにファーストクラス! アルファロメオ・ステルヴィオに「ブリヂストンALENZA LX100」を装着し試乗インプレッション

2021/08/31 10:00

乗り心地も快適になり静粛性も向上したのが明らかに実感できた

ブリヂストンのオンロード向けプレミアムSUVタイヤブランド「ALENZA(アレンザ)」は、ブリヂストン自らがSUVの走りに「最上のもてなし」を提供しようという新たな選択肢である。
ALENZAブランドには、これまでスポーツ性能に特化した「ALENZA 001」という製品が存在していたが、今回からSUVならではのコンフォート性能を引き上げるプロダクトが誕生した。それが新商品の「ALENZA LX100」である。

ブリヂストンは従来からSUV専用タイヤに「デューラー」シリーズを展開していたが、近年のオンロード向けSUV人気の高さを受け、ALENZAブランドにスポーティな乗り味で運動性を重視した「ALENZA 001」と、コンフォート性能を重視した「ALENZA LX100」も2モデルを用意、SUV専用タイヤのラインアップを一層充実させてきた。

今回はそんな「ALENZA LX100」を、アルファロメオのSUVである「ステルヴィオ」に装着して試した。

BRIDGESTONE ALENZA LX100

2021年2月から販売が開始された「ALENZA LX100」は、従来のSUV専用タイヤである「ALENZA 001」と比較して、より快適性を高めた新製品。全39サイズがラインアップされている。

走り始めてまず感じたのが、クルマのピッチング方向の動きが全体的に改善されていることだ。これにより乗り味全体に落ち着きが生まれており、大人っぽい雰囲気が感じられたのが印象的だった。

アルファロメオ・ステルヴィオに「ALENZA LX100」を装着してみたところ、乗り心地が良くなり静粛性も向上したのがはっきりと分かった。

さらに乗り進めていくと気がついたのが、静粛性が向上していること。特に高周波の音が低減されており、先ほど感じた大人っぽさが一層増している。こういった静粛性の向上に関しては、乗用車向けコンフォートタイヤである「REGNO(レグノ)GR-XII」と同様のトレッドパターンを採用していることからもわかる通り、リブに搭載されたダブルブランチ型消音器を含む「3Dノイズ抑制グルーブ」、イン側ショルダー部に施された「3Dノイズカットデザイン」などの技術が貢献しているのだろう。

トレッドパターンを見るとすぐにピンとくる人も多いと思うが、紛れもなく乗用車用のコンフォートタイヤ「REGNO(レグノ) GR-XII」の技術が多く盛り込まれていることがうかがえる。縦溝と路面との接地面両側から発する気柱管共鳴音を排除するように搭載された、ダブルブランチ型消音器を2つのリブに搭載。これにより4本の縦溝から発する音を軽減している。

さらに好印象だったのが、乗り心地が快適であったことだ。今回は一般道をはじめ、首都高速や凹凸が多い石畳など様々な状況で試したが、一般道の荒れた路面でも滑らかな乗り味で、首都高速の路面の継ぎ目を通過する際の段差も巧みに吸収してくれたし、さらにごつごつした石畳でも思いの外凹凸を感じさせなかったくらいであった。

今回は高速道路と一般道、そして石畳のような凹凸の多い路面を走行したが、「ALENZA LX100」はいずれも快適な乗り味を披露してくれた。

また興味深かったのは、静粛性と快適性が向上したことや落ち着きのある雰囲気が高まった一方で、ステルヴィオがもともと持っている質感の高い走りは失われていないことだ。これは高荷重でのふらつきを低減する「SUV専用サイドチューニング」を採用したことで高次元の剛性を確保できたからだろう。タイヤそのものでふらつきを低減したことが、大人っぽさを増しながらも質の高さを失わない部分を作り上げたといえる。

アルファロメオ・ステルヴィオ・ヴェローチェに装着した「ALENZA LX100」はサイズが255/45R20とかなりの大径だが、質の高い乗り心地を提供してくれた。

つまり「ALENZA LX100」は、そのクルマの元来のキャラクターは保ちつつも、質の高い世界観を作り上げることで、結果1ランク上の走りの世界を築くことに成功している。
ブリヂストンではこの「ALENZA」という商品ブランドを、「ファーストクラス」と謳っている。移動空間も、パフォーマンスも、ファーストクラスを実現する。それがALENZAという製品であり、ブランドだ。
あなたの所有するSUVも、「ALENZA LX100」によって間違いなくアップグレードされるはずだ。

公式ページ https://tire.bridgestone.co.jp/alenza/lx100/
サイズ表はコチラ

今回、「ALENZA LX100」の試乗インプレッションをしてもらったのは自動車ジャーナリストの「河口まなぶ」氏。これまで数多くのタイヤの評価を行っており、タイヤに関する知識も豊富だ。日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員。

BRIDGESTONE ALENZA 001

2017年2月に登場した「ALENZA 001」は、ドライ/ウエット性能に加え、低燃費性能やロングライフ性能にも重点を置いたプレミアムSUV専用のハイパフォーマンスタイヤだ。

フォト=望月浩彦 H.Mochizuki

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!