コストパフォーマンスの高さが魅力的! マイナーチェンジを受けた「ルノー・メガーヌ」のハッチバックとワゴンが発表

パワーユニットは1.3L直4ターボに一本化

ルノー・ジャポンは8月26日、マイナーチェンジを受けた新型「メガーヌ」の販売を開始すると発表した。価格は「メガーヌ インテンス」が3,10,000円、「メガーヌ スポーツツアラー(ワゴン) インテンス」が3,300,000円となっている。

エクステリアには、特長である洗練とモダンが融合したフレンチデザインに優雅さを追加。LEDヘッドライトユニットには、最新のルノーモデルと同様の立体的なストライプや、ヘッドライトカバーに ダイヤモンドのモチーフが組み込まれたものが採用され、豊かな表情と上品さが与えている。また、新たにデザインされたフロントバンパーとフロントグリル、そしてフロントエンド、フロント フェンダーに効果的に用いられているクロームのパーツが、質感と優雅さを高めている。リアウインカーはシーケンシャルタイプとなり、アンテナはシャークアンテナが標準装備。ホイールは新デザインの18インチが採用されている。

インテリアには、7インチのタッチスクリーンをダッシュボード中央に配置。スマート フォンとのミラーリングを可能にするマルチメディアシステム「イージーリンク」を新たに採用し、操作系も より使い易く改良されている。一方で、運転モードやインテリア照明(アンビエントライト)などをカスタマイズできるルノー・マルチセンスもタッチスクリーンで操作が可能。ルノー・マルチセンスでは、「My Sense:個別設定が可能なカスタマイズモード(初期設定モード)」「Sport:スポーツ走行に適した運転モード」「Comfort:リラックスした快適な走りを優先するモード」「Eco:エコロジー、エコノミーを重視した運転モード」の4つが用意された。

パワーユニットには、最高出力159ps、最大トルク270Nmを発生する1.3L直噴ターボエンジンを搭載。 1,800rpmの低回転で 最大トルクに達することで、低速から力強い余裕のある走りをもたらすとともに、最高出力を発生する5,500rpmの 高回転域まで伸びやかで爽快な加速が楽しめるという。トランスミッションは、エンジンに最適化されたギア比を持つ電子制御7速AT(7EDC)が組み合わされる。

さらに先進運転支援システムについても、「アダプティブクルーズコントロール(ストップ&ゴー機能付)」「リアクロストラフィックアラート」「ドライバー疲労検知アラート」「アクティブエマージェンシーブレーキ(衝突被害軽減ブレーキ)歩行者検知機能付」を新採用するなど、装備も充実しているのも特徴だ。

また、新型メガーヌの発売を記念し、電動パノラミックルーフと、レザーシートを装備した限定車の「ファーストエディション」を用意。こちらは8月26日から9月5日まで購入申込みを受付け、申込みが販売台数を上回った場合は抽選販売となるとのことだ。価格は「メガーヌ インテンス ファーストエディション」が3,425,000円、「メガーヌ スポーツツアラー インテンス ファーストエディション」が3,625,000円となっている。

公式ページ https://www.renault.jp/car_lineup/megane/index.html

関連中古車物件情報

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!