日産自動車がニューヨークで米国市場向けの新型「Z」を初公開!

2021/08/22 12:00

歴代「Z」へのオマージュを感じさせつつ最新技術を余すところなく投入

日産自動車は8月18日、ニューヨークで開催された特別イベントで、米国市場向けの新型「Z」を初公開した。2022年春に米国で発売される予定とのことだ。

世界中のファンに愛されてきた「Z」は、これまでに180万台以上が販売された、世界で最も売れているスポーツカーの一つ。新型「Z」は、魅力的なスタイリングと先進技術を採用し、歴代モデルと同様の手が届くスポーツカーとして、これまで「Z」を所有してきたファンと、将来のファンにもワクワクする走りを提供するという。

米国市場向けの新型「Z」には、「Sport」と「Performance」の2グレードと、240台の限定生産となる「Proto Spec」が用意。両グレードともVR30DDTTエンジンが搭載され、6速マニュアルトランスミッション(MT)か、新開発の9速オートマチックトランスミッション(AT)の選択ができる。また、「Proto Spec」には、専用の黄色いブレーキキャリパー(Zロゴ付)、ブロンズカラーのアルミホイール、黄色がアクセントの本革シートと、黄色のステッチをインテリアの随所に採用されている。

エクステリアは、デザインテーマである「伝統と最新技術の融合」を具現化したもので、洗練されつつも歴代「Z」へのオマージュを感じさせるデザインが特徴。伝統的な後輪駆動のスポーツカーのデザインを踏襲し、ロングフードや低重心のリアスタンスなど、初代モデル(S30型)をはじめとする歴代「Z」へのオマージュを込めたシルエットに仕上げられた。例えば、ノーズから四角いテールエンドに向かって流れるようなルーフラインや、テール部分がフロントフェンダーよりもわずかに低くなっていることなどが、独特のサイドシルエットを生み出している。

また、LEDヘッドライトのデザインは、240ZG(S30型)を彷彿とさせる2つの半円がイメージされており、新型「Z」のアイデンティティと調和している。一方、リアコンビネーションランプは、Z32型を彷彿とさせるデザインに最先端の技術を取り入れ、新たに3DシグネチャーLEDテールランプを採用して「Z」らしさが表現されている。

さらに、「Performance」グレードには、リアの浮き上がりを抑えるリアスポイラーを採用し、フロントスポイラーには、GT-Rの開発で培ったノウハウが活かされているという。ボディカラーは、モノトーン3色と、新色のセイランブルーとイカズチイエローを含む2トーン6色(いずれもスーパーブラックルーフ)が用意された。

グローバルデザイン担当専務執行役員のアルフォンソ アルバイサしは、「デザイナー達は、多くの『Z』オーナーの声に耳を傾け、歴代『Z』の成功の秘訣を探りながら、数え切れないほどのスケッチを重ねました。そして、新型『Z』には、過去から未来へとつながるデザインを採用しました」と語っている。

インテリアは、理想的なスポーツカーのコックピットとするため、日産ドライバーである松田次生選手等からもアドバイスを受けたという。具体的には、12.3インチ・フルデジタルメーターディスプレイを一新、エンジン回転計の針が真上を指すと同時に、シフトアップインジケーターが点滅してドライバーにシフトアップを促すなど、重要な情報を一度に表示できるようにしている。また、ドライバーの好みに合わせて変更できる3つの表示モードも用意している。

センターコンソールは3つのエリアに分かれており、インストルメントパネル上の3連メーター(ブースト計、ターボスピード計、電圧計)は、ドライバーが見やすい位置に配置された。

新設計のシフトレバーは、マニュアル、オートマチックともに、握りやすさと快適性を追求。また、深いスポークを採用したステアリングホイールは、伝統的な美しさを損なうことなく、ドライバーが素早く操作できるようデザインされている。

シートは、GT-Rの開発で培ったノウハウを活かし、ホールド性とフィット感を向上。シートバックにスウェードを多用することで、身体の横ブレを抑えて快適なドライブを実現するとともに、コーナリング時の身体の動きも抑制してくれる。

インテリアカラーは、グラファイト、レッド、ブルーの3色を用意。特別限定仕様車の「Proto Spec」では、インストルメントパネルのステッチをはじめ、室内の随所に黄色のアクセントが施されており、シート素材を重ねることでグラデーション効果と立体感を出している。

パワーユニットは、最高出力400ps、最大トルク475Nmを発生する新開発の3L V6ツインターボエンジンを搭載。出力を大幅に向上しながらも、シャープでスムーズなレスポンスを実現しているという。

トランスミッションでは、6速MTに大トルクのVR30DDTTエンジンに対応するため、クラッチディスクとギヤトレインを強化。また、新設計のシンクロナイザーシステムの採用やシフトプロファイルの変更により、ドライバーの意のままのスムーズなシフトチェンジが可能とのことだ。新開発の9速ATは、幅広いギアレンジにより、ダイレクトで素早いレスポンスを実現。また、通勤や高速道路でのロングドライブに最適なスタンダードモードと、ポテンシャルを最大限に引き出すスポーツモードを選択でき、より速い加速制御に加え、ステアリングやVDCに専用制御を採用することで、ワインディングロードをキビキビと駆け抜けるのに最適な設定とされている。

シャシーに関しては、日産の後輪駆動車として初めて、停止状態からの加速性能のポテンシャルを最大限発揮するアドバンストローンチアシストコントロールシステムを搭載(AT全車、MT車は「Performance」グレードのみ)。高速走行時やコーナリング時にレスポンスの高いハンドリング性能を実現するため、ボディ剛性を向上し、ラックアシストタイプEPSやワイドフロントタイヤなどを採用することで、コーナリング性能が最大13%向上しているという。

サスペンションは、前後のダンパーに新設計の大径モノチューブダンパーを採用。減衰力を現行より約20%低減させることで路面突起乗り越し時のショックを低減し、モノチューブ式の強みである高応答性を活かすことで路面追従性を向上させ、高い操縦安定性を実現している。アルミ製ダブルウィッシュボーン式フロントサスペンションは、キャスター角を増やすなどしてジオメトリーを変更し、直進安定性を向上させている。

新型「Z」のチーフプロダクトスペシャリストである田村 宏志氏は「目指したのは、史上最高の『Z』をつくることでした。これまで『Z』は常に進化し、人の本能を刺激することで、ワクワクするドライビングを提供し続けてきました。新型『Z』は、パワフルで俊敏なだけでなく、ドライバーとの一体感をさらに高め、最高の『ダンスパートナー』となることを目指しました」とコメントしている。

また、日産の最高執行責任者(COO)であるアシュワニ グプタは、「日産にとって『Z』とは、私たち自身の一部であり、長年にわたるお客さまへのコミットメントです。私たちは『Z』を通して、最新のスポーツカーのデザイン、パフォーマンス、そしてワクワクをお届けしています。」さらに、「50年以上もの間、『Z』は手の届く夢のスポーツカーであり続けています。このことは、時代を超えた『Z』の魅力であり、数え切れないほどの従業員の献身的な取り組みと情熱によって実現しています。私たちは、これまでと将来の世代へ『Z』のワクワクをお届けしようとしているのです」と「Z]への想いを語っている。

なお、新型「Z」の日本仕様である「フェアレディZ」は、今冬の発表を予定しているという。

「ル・ボランCARSMEET」 公式SNS
フォローして最新情報をゲット!